これさえあれば車内がオーディオルームに!?最高レベルの音響技術を詰め込んだパイオニアのハイエンドカーナビ「サイバーナビx」

数あるカーナビの中でも高い人気を誇るパイオニア「カロッツェリア」ブランドの「サイバーナビ」。その新製品、サイバーナビxシリーズ『AVIC-CZ902XS』(税別24万8000円)が2018年6月に発売される。これまで同社が培ってきた高精度なナビゲーション機能はもちろん、同社のハイエンド向け車載オーディオ『カロッツェリアx』のDNAを継承し、最高レベルの音響技術をふんだんに詰め込んだという高音質サウンドに注目したいモデルだ。

国内市販のA&V一体型カーナビでは初めて採用したという銅メッキシャーシ。本体の側面や背面、内部の中間シャーシにも導電性の高い銅メッキを使用することで、基盤間のノイズ混入を遮断している。

さらに背面には静音タイプのクーリングファンや、振動を抑えるためのT字スリットを配置するなど、徹底的に“いい音”を出すためのこだわりが詰まっているのだ。また信号伝送で重要となるケーブルは、抵抗や歪みの少ない高純度のOFC(無酸素銅)を採用。端子には金メッキを施すことでロスを抑制して、安定した電源供給を実現している。

実際に試聴してみたところ、まるで目の前でアーティストが目の前で歌っているかのような透明感と無垢なサウンドが印象的だった。これまで車では音楽を“流す”ことが多かったが、これならドライブ中でも音楽を“聴く”ことができそうだ。

さらにパイオニアが2018年に創業80周年を迎えたこともあり、サイバーナビxシリーズ『AVIC-CZ902XS』にさまざまな特典を同梱した80周年記念モデル『AVIC-CZ902XS-80』(税別24万8000円)も2018年5月23日10:00から販売される。シリアルナンバープレートや、貼箱の職人により作られたスペシャルボックス、レコチョクプリペイドカードが付属するなど、本体単体と同じ価格設定にも関わらず、かなりお得なセットだ。80セット限定なので、争奪戦は間違いないだろう。

関連サイト

カーナビ・カーAV carrozzeria | パイオニア株式会社