ゴルフ用途だけではもったいない!?極太タイヤの『Fat Tire Golf Scooter』が意外とカッコイイぞ

オジサン専用? いやいや、これはこれでカッコいいじゃないか。読んで字のごとくの『Fat Tire Golf Scooter』(ファットタイヤ・ゴルフスクーター)は、ゴルフ場でカートがわりに使うための電動ファットバイクだ。芝生を傷つけないよう工夫されたキックスタンドなど、ゴルフ場向けの装備が施されてはいるものの、ちょっといじれば街乗り用のスタイリッシュな移動手段として人気が出そうな気がするのだが、いかがだろう。

ゴルファー向け装備として、頑丈なゴルフバッグキャリアーとハンドルバー一体型のスコアボード、ボールやティー、飲み物を乗せられるプラットフォームを備える。フロントとリアのサスペンション、ならびに大型のクッションシートにより、乗り味も実に快適そうだ。

電動バイクとしての心臓部は、1200ワット出力の防水モーターと交換が容易な72Vリチウムイオンバッテリー。走行スピードは3段階で、時速12マイル、16マイル、25マイル(時速19.2km~40km)に設定できる。最大積載量は約158kg、車体そのものの重量は約75kgとされている。

『Fat Tire Golf Scooter』は純粋に乗っていて楽しいだけでなく、個々のゴルファーがスクーターで移動することにより、プレー時間の短縮にも繋がるのだという。個人で購入するものではないのかもしれないが、車両価格は2699ドル(29万6000円)、交換用バッテリーは495ドル(5万4300円ほど)とのことで、「改造してストリート仕様にしてみたいぜ」といったカスタム意欲をかきたてられる人も多いはず。

もっとも、本当にそうしたカスタムが可能なのかまったく未知数なわけだが、興味がある人はいろいろと調べてみてほしい。

関連サイト

Fat Tire Golf Scooter – Your personal electric golf cart