ワイシャツの襟に隠せるナイフ!その薄さ、驚きの1.3mm。極小・極薄ギア好きなら要チェック

この小ささ、スキマに隠し持てる感覚、しかも「メイド・イン・ジャパン」とくれば、海外では「ニンジャ」っぽいアイテムとして認知されているんじゃないかしら。

サバイバル・ギアを取り扱うサンフランシスコの企業「Gearward」が40ドル(4260円ほど)で販売しているのが、ワイシャツの襟裏に忍ばせられるほど極薄・極小型のナイフ『HemiSERE Titanium Lapel Knife』(HemiSERE)だ。

なにしろ100円ライターと比べても圧倒的に小さいという、驚きのサイズ感が最大の特徴。

あまりに小さなナイフというのは、どうしても使用者自身が怪我をしたりと安全性に難があるもの。しかし『HemiSERE』では、グリップ部にある半円形の切り欠きに人差し指を掛けられるようにしたことで、安全に握れるのだという。

その小ささゆえ、ワイシャツの襟から薬箱の中、さらにはスマホケースの隙間に入れておくことだって可能だ。刃物を隠し持つというと物騒に聞こえるかもしれないが、不意の細かい作業のほか、包帯や絆創膏を切る用途にはちょうどいいだろう。また、『HemiSERE』には財布に入れて持ち運ぶためのクレジットカード型キャリアーも付属するそうだ。

関連サイト

HemiSERE Titanium Lapel Knife(GEARWARD)