クルマにぶら下げる食器&キッチンツールキットだって?オートキャンプ以外でも使いたくなるぜ

クルマを上手に有効活用すれば、楽しみ方の幅が大きく広がるオートキャンプ。近年ではPHEV(プラグインハイブリッド)車から給電して調理家電を使うなんてスタイルもある。だが、アナログな手法でも、クルマの車体を徹底的に活用する方法はまだまだあるのだ。例えばこちら、クルマのドア等にキッチンツールやカトラリーを吊るすことができる『CAMP KITCHEN UTENSIL SET』なんてのはいかがだろうか。

ロール式のポリエチレン製ケースには、ステンレススチールが用いられたハンドルおよび調整可能なストラップ、カラビナ・ループ等が装備され、持ち運びやクルマへの固定に役立ってくれる。アウトドアでの利用が前提のため、耐久性には特に配慮して作られているという。

『CAMP KITCHEN UTENSIL SET』に納められているのは、ナイフとステーキ用フォーク、デザートスプーンとティースプーンが各4本。そしてまな板と肉切り包丁、パン切り包丁、果物ナイフのセット。取り分け用のスプーンやヘラ、テレスコーピングフォーク、栓抜き/コルク抜きまでセットになっている。

キャンプとはいっても、使い捨ての食器よりキチンとした食器で食べたほうが料理の味わいをよりしっかりと味わえるというもの。これなら散らかることもないし、テーブル上のスペースを取ってしまう心配もない。

と、ここまで書いて気付いたのだが、この『CAMP KITCHEN UTENSIL SET』は必ずしもクルマに取り付けてオートキャンプで使わなければいけない、というわけではない。キャンプサイトに適当な吊り下げ場所があればそこに設置するのも良いだろうし、そもそも自宅のキッチンで冷蔵庫のドア等に付けるという使い方だってありだろう。

ちなみに定価は72ドル(約7900円)、今ならディスカウントされていて59.98ドル(約6600円)で手に入るということなのだが、残念なことに米国外への発送には対応してくれないのだそうだ。

関連サイト

Front Runner Outfitters Camp Kitchen Utensil Set(Huckberry)