子どもの才能が開花!?ウチの子を通わせたいプログラミング教室4選【世界一頑張らないプログラミング術】

【世界一頑張らないプログラミング術】

「2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化」とニュースになってから、にわかに活気づいた「プログラミング教育」。遊びながらプログラミングを学べる「プログラミングトイ」が発売されるわ、「プログラミング教室」に通う小学生が増えるわで、世の中ちょっとしたプログラミングバブルだ。「乗り遅れた!」「でも自分、文系だし……」と漠然とした不安を感じているあなた! この特集を読めば不安も解消。そう、プログラムってものすごく簡単な話だったんです。

習い事としてプログラミング教室に通うのも、ひとつの選択肢。自分の子どものタイプに合わせて、まずは体験教室を受講してみよう!

プログラミング教室に行ってみよう

小学生が楽しみながらプログラミングを身につけられる教室が増えている。子どもにどうやってプログラミングを教えているのか調べたところ、教室によって千差万別。「ソフトやアプリを使って学ぶ」という点は共通しているが、ロボットなどを使うのか、実際にゲームなどを作るのか、その目的や学び方はさまざまだ。

楽しい雰囲気のもと、本格的なiPhoneアプリやゲームを開発させたいというなら、「Tech Kids School」がオススメだ。テキストに沿って「パズルゲーム」などのアプリを作ったら、そこに自分なりのアイデアを盛り込んでいく。毎回ひとつのプログラムスキルを習得しながら、最終ゴールの「iPhoneオリジナルアプリ開発」に向かって進んでいく仕組みだ。

レゴブロックが好きなら、レゴスクールや栄光ロボットアカデミーがいい。レゴスクールはカリキュラムに「ストーリー」があり、そのストーリーのエンディングを目指してロボットを作るので、ゲーム感覚でプログラムを学べる。

栄光ロボットアカデミーは与えられたミッションをクリアしていく授業形式。動作検証してブラッシュアップしていくので、友達がどんなロボットを作っているかを意識し、自分のロボットの改善点を見つけていける。

「ゲーム&アプリプログラミングコース」やロボットを作る「ロボットクリエイトコース」、ロボットの制御プログラムを組む「ロボットテクニカルコース」、3Dプリンターなどを使ったものづくりを学ぶ「デジタルファブリケーションコース」といった、多彩なカリキュラムを提供するのは「LITALICOワンダー」。子どもが一番興味をもつものを、一緒に探せる。

これだけ多くの選択肢があると、どのスクールへ行けばいいのか迷うところ。どのスクールにも体験授業があるので、あれこれ体験させて、子どもが夢中になったスクールへ入れるのがオススメだ。

また、プログラム教育が2020年から小学校で必修になるからといって、無理にやらせるのは禁物。そこで苦手意識をつけさせるより、勉強やほかの習い事と同じように、子どもが楽しく、自発的に取り組める教室を選ぶといいだろう。

また、スクールによっては授業料のほかに教材費がかかるので、不明な点は必ずスクールに確認しよう。

サイバーエージェントが運営するスクール
Tech Kids School

1年目は「Scratchプログラミングコース」でプログラムの基本を学び、2年目からは「iPhoneアプリ開発コース」や「Unityプログラミングコース」など本格的なプログラミング言語を学ぶ。

教師が教壇から教えるのではなく、子どもたちはオンラインテキストなどを見ながら各自のペースで学習を進め、疑問などがあるときは「メンター」と呼ばれる指導スタッフのサポートを受ける。

ポップなBGMが流れる教室で、メンターが学ぶ気分を盛り上げながら学習を進めてくれる。教室というよりもサロンのような雰囲気で、子どもたちもリラックスして遊びながら学べる仕組みだ。
【School Data】
対象:小2~
教室:渋谷・秋葉原・二子玉川・横浜・名古屋・大阪・那覇など

レゴブロックを使ってプログラミングを学習できる
レゴスクール

レゴが運営するレゴスクールは、ロボット教材「教育版レゴ マインドストーム EV3」を使って、自立型のロボットデザインや、プログラムの基礎を習得していく。

レゴ社が認定したインストラクターのガイドのもと、4つのテーマに沿ったストーリーを進めながらプログラミングを学習するので、ゲームが好きな子どもにも向いている。2年目には、ロボットのオリジナルプログラムを作成する。

初年度はフィギュアスケートやスポーツカーレースなど、いろいろなスポーツ競技を行うロボットスポーツのスターを組み立て、プログラムやセンサーなどの基本を学んでいく。
【School Data】
対象:7歳~
教室:仙台、六本木、世田谷、吉祥寺、横浜、湘南、大宮、自由が丘、二子玉川、名古屋、四日市、西宮、上本町、沖縄など

ゲーム作りから3Dプリンターまで多彩なコース
LITALICOワンダー

個々の子どもに合わせたカリキュラム作りをしているのが「LITALICOワンダー」。その子が興味をもっているのがゲームのシステム作りなのか、デザインなのかなどを見極め、その子に合わせたカリキュラムを提供することでより夢中になれる環境をつくり、子どもの個性や自信を育む。

生徒3~4人に1人のメンターがつき、問題点を自分で解決できるようにサポートしていく。

毎年1回開催のワンダーメイクフェスでは、LITALICOワンダーに通う子どもの作品発表や展示などが行われる。2017年は4500名以上が来場し、450名の子どもが作品の発表を行った。
【School Data】
対象:年長~
教室:渋谷・池袋・秋葉原・蒲田・水道橋・横浜・赤羽・横浜・川崎・横浜桜木町など(2018年6月オープン)

栄光ゼミナールが運営するロボットプログラミング教室
栄光ロボットアカデミー

塾・学習塾・個別指導塾などを経営する栄光ゼミナールが運営し、レゴ社「教育版レゴ マインドストーム EV3」を使う。最初にミッションを提示し、子どもたちがそのテーマに沿ったロボットを考え、製作・プログラミングをしていく。できあがったものを動作検証し、問題点を見つけて考え、改善したもので競技会を行うので、「問題発見力」「問題解決力」「論理的思考力」が自然に身につく。

子どもに合わせた無理のないミッションを提示してくれるし、競技会があるので、子どものモチベーションが上がりやすい。世界の小中校生を対象にしたロボット大会へのエントリーも可能。
【School Data】
対象:年長(親子参加)~
教室:水道橋、吉祥寺、錦糸町、桜新町、自由が丘、巣鴨、高田馬場、東京スカイツリータウン、横浜など

『デジモノステーション』2018年6月号より抜粋。