まさかの透明ビールテイストノンアル飲料!サントリー『オールフリー オールタイム』コンビニ限定発売へ

「行楽の際、クルマの運転があるから渋々飲むもの」「デイタイムのリフレッシュにビールを飲みたいけど無理」etc.……ノンアルコールのビールテイスト飲料を選ぶ事情は様々だろう。そんな理由からではなく、もっとポジティブに“無糖炭酸水”カテゴリのバリエーションのひとつとして誕生したのが、サントリーの『オールフリー オールタイム』だ。

この製品では「缶ビール」的な印象を打破するため、あえてペットボトル容器を採用し、液色もビールの琥珀色ではなく無色透明に。これまでの常識にとらわれないアイデアのもと生み出された新しいビールテイスト飲料となっている。コンビニエンスストアの酒販コーナー限定商品で、2018年6月19日より販売が開始される予定だ。

無色透明な見た目通りと言えばいいのか、味わいはいささか従来のビールテイストから軸足を外してきたな、という印象。サントリーからも明言されているよう、“ビールの代替”に加え、最近流行している“無糖炭酸飲料”としての潜在ニーズを強く意識していることがわかる。

個人的な感想としては、最初の一口で想像以上にライムの柑橘感を強く感じた。しかし、そのあとにホップ由来の爽やかな苦味が続き、たしかに“ビールテイストノンアル飲料”であるということを再認識させられる。もちろんアルコール飲料ではないものの、強い炭酸の刺激によって、昼夜問わず幅広いシーンでリフレッシュさせてくれそうだ。

サントリーによれば、この味わいを完成させるまで実に100回以上の試作が繰り返されたとのこと。ビールと炭酸飲料の双方を作ってきた同社の知見が活かされているのだろう。見た目に反してキャップを開けた瞬間にはビールらしい香りがするし、ホップをほど良く効かせた質の良い苦味はいい意味でビールテイストそのもの。爽快なライムの風味と相まって、試飲評価では93パーセントの人が「美味しい」と回答したという。

ちなみに380mlという独特なサイズ/デザインのペットボトルにもこだわりがあり、フィルムラベルを剥がすとボトル表面に凹凸で模様が描かれている。こちらの図柄は数種のバリエーションがあるそうなので、興味があればコンプリートに挑戦してみるのもいいかもしれない。

関連サイト

ペットボトル入りの透明なノンアルコールビールテイスト飲料 「オールフリー オールタイム」コンビニエンスストア限定新発売(ニュースリリース サントリー)