これは欲しい!あの『モトコンポ』が木製の1/6スケールモデル『LASERCOMPO』になった

1980年代前半、当時の『ホンダ・シティ』のトランクルームに積めるというコンセプトで誕生した小型原付バイク『モトコンポ (MOTOCOMPO)』。生産が終了した後にも根強い人気を誇るユニークなバイクが、ホンダ公式ではないものの木製の組立式模型として蘇った。それがこの『LASERCOMPO』だ。

1/6スケールの車体はウォールナット製で、パーツ点数は180ピース。2~3時間もあれば組み立てることができるという。特徴的な四角いカウルは完成後にも取り外し可能となり、ハンドルとホイールは可動式。内部のメカ構造も、味のある造形で再現されている。

当然ながら、モトコンポ最大の特徴である折りたたみ形態を取らせることもできる。やっぱりモトコンポはこうでなくちゃ!

『LASERCOMPO』は製作者のWebサイト「Kirkshop」にて70ドル(約7700円)で販売されているが、予想以上にたくさんの注文があったため、納期は若干遅れる可能性があるということだ。1980年代を懐かしみたい世代はもちろん、当時を知らない世代の目にもそのユニークなスタイルは魅力的に映ることだろう。

関連サイト

theKirkshop