ボリュームサンドイッチもスッと切れる!電動マルチナイフで料理の見栄えを格上げ【工具メーカー家電 ガチンコカタログ】

【父親目線で選ぶ 工具メーカー家電 ガチンコカタログ】

工具メーカーが発売するタフなルックスが特徴の家電たち。元々はガテン系の現場などで役立つよう作られたものだが、それらを日常生活に持ち込んだらどうなるか?

ここでは生活家電のスペシャリストたちに実際の使い心地を日常生活の中でガチンコで試してもらいレポート。父親がどうせ慣れない家事を手伝うなら、やっぱりかっこいい家電で手伝う方が気持ち前向きだ!

 

朝食の分厚いサンドウィッチはマルチナイフでキレイに分けられたか?

ブラック・アンド・デッカー
電動ブレッド&マルチナイフEK700
実勢価格:3800円

グリップを握り、トリガーを引くだけで2枚の波状のブレードが交互に動いてカットする電動ナイフ。刃を押しつけないため、食材を崩さないでカットできる。サンドウィッチやパンだけでなく、ローストビーフなども薄くカットできる。
【SPEC】
本体サイズ:W460×D60×H70mm
本体質量:約0.7kg
消費電力:90W
ブレード長:18.5cm
定格時間:連続最大3分
電源:100V 50/60Hz

 

ホームベーカリーで焼いたふかふかのパンや、サクサクのクロワッサン、そして、たっぷりの具材を挟んだサンドウィッチ。しかし、それらはいざ食べようと切ると、せっかくの生地が潰れてしまったり、具材が飛び出てしまって残念なことがある。

そんなシーンで役立つのがブラック・アンド・デッカーの『電動ブレッド&マルチナイフ(以下電動マルチナイフ)』。ノコギリ状の刃が2枚ついており、これが交互にスライドして食材をカットする仕組みのナイフだ。

実際に柔らかい食パンをスライスしてみる。通常のパン切り包丁では優しく切ってもパンが潰れたり、歪んでしまったりすることが多い。

そこで『電動マルチナイフ』の登場だ。2枚の刃をずれないように刃先を合わせて取り付ける。あとはトリガーを引くと2枚の刃が交互に高速スライドして食材をカットしていく。

新品の段階ではトリガー部の安全レバーが硬めで、トリガーを引く前に事前にしっかりと押し込んでおく必要があったが、使い続けて慣れてくると、片手でレバーを押し込んでトリガーを引くことができた。

あとは刃をパンなど切りたい食材に当てて軽く下に下ろしていく。この時に力を入れる必要はなく、『電動マルチナイフ』自体の重さで下がっていくのを補助するくらいでいい。そうすることで生地が潰れることなく、きれいにカットできるというわけだ。また、切るときに力を入れなくていいため歪みにくい。

さらに『電動マルチナイフ』では柔らかいパンだけでなく、 クロワッサンのような潰れやすいパン、そしてスポンジ、巻き寿司、サンドイッチやハンバーガー、そしてローストビーフなどもキレイにカットできた。実際に筆者宅ではホームベーカリーで焼いたパンや、クロワッサンを切り分けるときに『電動ブレッドナイフ』を常用している。

押し切ると潰れてしまうような食材をきれいに、美味しそうにカットするためには欠かせないアイテムなのだ。

波状の2枚刃が高速でスライドして食材をきれいにカットします

『電動マルチナイフ』が採用しているのはノコギリのような波状のブレード。これが交互にスライドすることで柔らかい食材を潰すことなく切れる仕組み。刃先にはブレードがずれないための仕掛けも用意する。

切れ味がいいからこそ安全のための仕組みが安心です

ブレードを動かすためのトリガーには安全のためのピンが付いている。このピンを押し込んだ状態でトリガーを引くことでブレードはスライドする。最初はやや堅かったが使いやすくなる。

サンドの断面も崩れることなくカットできました

せっかくの美味しいサンドウィッチやバーガーなどもカットした断面から具材がこぼれたり、崩れてしまったりしてはつまらない。しかし、『電動マルチナイフ』でカットすれば崩れる心配はない。

たっぷり具材が入った太巻きもお店のような断面が見せられます

きれいに切るのが難しい食材の1つが太巻きだ。海苔や酢飯、様々な具材をまとめて切ることになるため、中の具があふれ出てしまうことがある。しかしこれも『電動マルチナイフ』なら問題なし。お店のようにきれいに切れる。

ブレードを取り外してコンパクトに収納できます

『電動マルチナイフ』のブレード長は185mmで、本体と合わせると460mmにもなる。しかし収納時はブレードを本体から抜けるため、半分の長さで収納できる。使うときは2枚のブレードを合わせて本体に差し込むだけだ。

JUDGEMENT
柔らか食材をきれいにカットできる必需品 見栄えがよくなれば美味しさもさらにアップ

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。

関連サイト

電動ブレッド&マルチナイフEK700