“フルーツビール”の時代が来てる!『グランドキリン 雨のち太陽、ベルジャンの白』はオレンジピールがイイ感じ

沖縄から中国地方までが梅雨入りし、関東地方にまで拡大しそうな気配を見せた2018年6月5日、キリンビールはオレンジピールとコリアンダーシードを使用したベルジャンホワイトタイプのビール『グランドキリン 雨のち太陽、ベルジャンの白』の期間限定発売を全国で開始した。

2018年4月からの「ビール定義拡大」により、ビール製造に使用できる副原料の幅が広がったことで、各社とも果実や香辛料などを用いたビールを相次いで発表している。そうした製品群と同様、この『グランドキリン 雨のち太陽、ベルジャンの白』も従来の酒税法であれば「発泡酒」に分類されていたはずのもの。

同じくグランドキリンからは4月にもレモンビール『グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇』が発売されており、どうやらこの夏にかけて“フルーツビール”の時代が来ている、と言っても過言ではなさそうだ。

缶にも「爽やかで飲みやすい味わいと、華やかなオレンジピールの余韻を楽しめるベルジャンホワイトタイプです」とある通り、飲んでみると苦みが少ない飲み口と、柑橘の存在をふわりと感じる後味が特徴。コリアンダーシードはスパイス感というよりもオレンジピールの柑橘感を引き立たせる役割を担っている印象だ。その名の通り、雨がやむのを待ちながら時間をかけてゆっくり飲むのにもいいかもしれない。

缶から直接飲んでしまうのもいいけれど、やはり香りを楽しむタイプのビールであれば、飲み口のすぼまったタイプのグラスに注いで飲むのがオススメだ。グラスがないところで缶から飲む際にも、ぜひ飲み口から少しだけでもその香りを嗅いでいただきたい。「冷えたビールをゴクゴク、ぷはーっ!」と飲むだけがビールの楽しみ方ではないと気付くことができるはずだ。

「ビール定義拡大」で使えるようになった副原料は、果実、香辛料、ハーブ等のほかにもかぼちゃなどの野菜や蕎麦、蜂蜜からはたまた味噌やコーヒー、果ては牡蠣や鰹節までバリエーション豊か。今後どんなビールが登場するのかと思いを馳せながら一杯やるなんてのもいいだろう。

関連サイト

グランドキリン(キリン商品情報)