お気に入りのデッキで電動スケボーが作れちゃう!?後付けキット『IvoryBoard Mk II』なら4WD化も可能

海外では電動スケートボードに対する注目度が高く、さまざまなクラウドファンディングが行われている。Kickstarterに登場した『IvoryBoard Mk II』もそんな電動スケボーのひとつだが、他とはひと味違う。というのも、こちらは手持ちのデッキに取り付けて電動化できるキットなのだ。

『IvoryBoard Mk II』は、バッテリーやモーターが収められたボックスにホイールが取り付けられたユニット型となっているのポイント。これを手持ちのデッキに取り付ければ電動スケボーに早変わり、というわけだ。しかも、2台の『IvoryBoard Mk II』をデッキの前後に装着すれば、4WDで走らせることができるのだそう。

性能もなかなかのもので、2WD構成なら最高速度が40km/h、走行可能距離が25km、30度までの坂が登れるとのこと。4WD構成にした場合は、最高速度が50km/h、走行可能距離が30km、登坂性能が43度までにパワーアップされるのだ。

ショートタイプからロングタイプまで、さまざまなデッキに取り付け可能とされている。
キットにはオフロード走行用のホイールも付属。バッテリーは取り外し可能だそう。
スピードコントロールはリモコンで行う。速度上限が設定されている走行モードの変更も可能だ。

なお、プロジェクトはすでに資金募集に成功している。現時点では849豪ドル(約7万1000円)~の出資で、『IvoryBoard Mk II』を入手できるようだ。

関連サイト

IvoryBoard Mk II(Kickstarter)