超大容量&高出力!パススルー充電にも対応した大型モバイルバッテリーは感動的な頼もしさ【工具メーカー家電 ガチンコカタログ】

【父親目線で選ぶ 工具メーカー家電 ガチンコカタログ】

工具メーカーが発売するタフなルックスが特徴の家電たち。元々はガテン系の現場などで役立つよう作られたものだが、それらを日常生活に持ち込んだらどうなるか?

ここでは生活家電のスペシャリストたちに実際の使い心地を日常生活の中でガチンコで試してもらいレポート。父親がどうせ慣れない家事を手伝うなら、やっぱりかっこいい家電で手伝う方が気持ち前向きだ!

 

パワフルなモバイルバッテリーで
外でも自宅並みの家電生活を享受できたか?

Smart Tap
PowerArQ
実勢価格:6万4800円

クラス最高の、17万4000mAh(3.6V/624Wh)もの大容量を誇るポータブル電源。USBポート×3、ACコンセント×1、DCシガーソケット×1と、豊富な出力を誇る。本体サイズと重量は相応に大きいが便利なハンドル付き。

【SPEC】
本体サイズ:W300×H241×D192mm
重さ:約6kg
定格容量:17万4000mAh
定格エネルギー:624Wh
バッテリーセルタイプ:リチウムイオン
公称電圧:3.6V

 

スマホ普及と合わせるように一般化したモバイルバッテリー。近年では、10000mAh以上の大容量モデルも人気を博しており、中にはノートPCなど、より大きな電力を必要とする製品に対応するものも登場している。

ここで紹介するSmart Tapの『PowerArQ(パワーアーク)』は、そうしたモバイルバッテリーの“親玉”とも言えるような超大型モデル(近年は「ポータブル電源」という呼称が一般化しつつあるようだ)。17万4000mAh(!)という圧倒的な大容量を誇り、出力も一般的な電源コンセント(AC電源)や、USB、シガーソケット(DC電源)と、幅広く対応している。

先に紹介したインバーター発電機『エネポ』と比べて、最大出力は300W(AC出力時)と劣るものの、動作音がほぼ無音で、本体重量が3分の1以下など、モバイルバッテリーならではのメリットも数多い。これなら、静かさを求められる場所でも安心して利用可能。キャンプ場はもちろん、うるさくするのはマナー違反の釣り場などでもさまざまな家電製品を自宅さながらに活用できる。

また、もう1つ大きなメリットとして、排気ガス(一酸化炭素)が発生しないことも挙げておきたい。インバーター発電機はその構造上どうしても密閉された室内での利用が厳禁となってしまうのだが、『PowerArQ』なら、車中やテントの中でも全く問題なく使えるのだ。

出力上限の問題からストーブなどは利用できないが、電気毛布や扇風機などなら問題なし(一般的な製品の場合、満充電時で十数時間利用できる)。より快適なアウトドアライフを満喫してほしい。

社用自動車などに常設しておいて、営業チームの充電スタンドとして活用するなんてことも可能だ(一般的なノートPCの場合で、20回以上もフル充電することができる)。

ちなみに、こうしたポータブル電源は、昨年辺りから製品が増加し始めているが、本機は記事執筆時点(2018年5月)で最も大容量かつ、出力もトップクラス。また、他社製品のほとんどが対応していないパススルー充電(後述)も可能など、実用性が極めて高い。

国内ベンチャー企業製品で、国内サポートもしっかりしているので(マニュアルも日本語のものが付属)、こうした製品を初めて導入するという人にも自信をもっておすすめできる。

SBだけでなく、ACコンセントなどさまざまな出力に対応しています

本体前面パネルにさまざまな出力ポートを配置。それぞれの出力はグループ単位で個別にオン/オフできるので、いちいちケーブルを抜き差ししなくても良い。左上のINPUT端子はACアダプターやソーラーパネルを繋ぐためのもの。

300Wで使える家電製品は意外に多い!

液晶テレビとゲーム機を繋いだ動作実験ではフル充電から約5時間程度、たっぷりプレイできた。また、低消費電力のものなら、調理家電も立派に動作。思った以上に、さまざまな家電製品で利用できた。

大型ハンドルのおかげで思ったよりも携帯しやすかったです

本体重量は約6kgとそれなりに重いが、握りやすいハンドルが付いているため、短距離の移動ならば苦にならない。また、本体側面には小型のLEDライトも内蔵。防災グッズとしても活躍してくれそうだ。

現在の動作状況が一目瞭然なモニタがうれしい

「DISPLAY」ボタンを押すと、前面液晶パネルに動作状況が表示される。バッテリー残量のほか、現在の消費電力、充電量も表示される(本機は充電しながらの利用が可能な「パススルー充電」に対応している)。

別売ソーラーパネルを繋げば屋外でも充電ができます!

別売『PowerArQ Solar』(実勢価格:2万6800円)を使えば、太陽光充電が可能に。全体に太陽光が当たっていないといけないという制約はあるものの、好天時は40~70W級の速度で充電できた。折りたたんでカバン形状に変形できるのもうれしい。

JUDGEMENT
PCや周辺機器を一気に充電できて
同時に使うこともできるので屋内外で実用的だ

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。

関連サイト

PowerArQ