総工費150億円!10年かけて復元された400年前の超ゴージャス建築『名古屋城本丸御殿』の見どころをチェック

名古屋城内に1615(慶長20)年に建造され、近世城郭御殿の最高傑作とまで言われた『名古屋城本丸御殿』。天守閣とともに城郭としての国宝第1号に指定されながら、1945年の空襲によって焼失していた。しかし、2009年1月からの10年にわたる復元工事が完了し、400年前そのままの豪華絢爛な姿が2018年6月8日より一般公開されている。ちなみにこの復元計画には150億円の総工費が投じられ、そのうち50億円は寄付によって賄われたそうだ。

戦前の昭和5年というかなり早い時期に国宝指定されたこともあってか、名古屋城天守閣ならびに本丸御殿は、焼失前の事細かな資料が残っており、復元にあたっては伝統工法による完全復元を実現。江戸時代に尾張藩が保全した森林が残っていたため、築城当時と同じ木曽檜を使用できたのだという。足を踏み入れるとまるで「タイムスリップ」したような感覚を味わえる『名古屋城本丸御殿』の見どころを、じっくりと紹介していこう。

地味だけど重要ポイント。空間の「格」は天井で見極めろ

徳川家康の命によって建てられ、将軍が宿泊する上洛殿としての役割も持つ御殿だけに、金銀で彩られた装飾や襖絵ばかりを期待してしまいがちだが、来客がまず通される建物の「玄関」や「大廊下」などは想像よりも質素な造り。実はこの御殿にはそれぞれのスペースに「格」の高さが設定されており、「格」が上がるにつれて装飾が豪華になっていく。

見落としがちな部分ながら、そのエリアの「格」を反映しているのが天井の造作。玄関ではストライプ状に木が組まれていた天井が、格に応じてやがて格子状になり、より細かな格子細工が施され……というようにだんだんと精巧さを増すことに注目したい。

来客や家臣と公的な謁見を行う書院では、藩主の座となる「上段の間」の天井は二段階に持ち上げられた格子状になる。もちろん床が一段高くなっているのも見逃せないポイント。

さらに、藩主が身内や家臣と私的に対面したり、宴席に用いられた対面所ともなると、天井はさらに豪華な漆塗りの仕立てとなる。御殿を見学する際には、ぜひ天井の造りを確かめながら歩を進めて行ってほしい。

絶対見逃せない、絢爛豪華な「欄間」と「障壁画」

透かし彫りなどの技巧が凝らされた「欄間」も、やはり部屋の格とともにより豪華に、大きくなっていく。シンプルな紋様のパターンが連続するものから、透かし彫りにて情景や動物を描写したものまで、それぞれに違った見どころを持つ欄間が各部屋や廊下に並ぶ。

欄間、障壁画、天井、随所にあしらわれた金細工が一体となって、オリジナルが400年前のものとは思えない超ゴージャスな空間を演出する。

なにげなく配された金細工からして、普段はそうそうお目にかかれないレベルの豪華絢爛仕様。さすが総工費150億円。細かなところまで作りこみが半端ではない。

『名古屋城本丸御殿』のなかでも最も格式の高い建物である「上洛殿」の欄間。複数枚の透かし彫りを重ねて奥行きまでも表現した大作で、金色の調度品が多いなかにあっても目を惹く極彩色がインパクト極大だ。

そんな上洛殿の室内。他とは別次元の格式を見せつける圧倒的豪華さを誇る。天井は漆塗りの二重構造に加えて格子の内側に絵画が描かれ、極彩色の欄間や前面を覆うほどの障壁画、黄金に輝く飾り金具等々、ここまでに見た御殿内のありとあらゆる要素を結集したかのように絢爛な様相を見せる。

これでこそ名古屋城。150億円を投じた金ピカ全開ワールド

ここからはもう少しだけ、『名古屋城本丸御殿』の豪華絢爛な世界観を写真でお届けしていこう。この限られた文字数と写真点数では伝えきれない、“日本を代表する近世書院造の最高傑作”の圧倒的クオリティは、ぜひ現地に足を運んでその目で体感してほしい。

手を触れられそうな至近距離に国宝級の金細工が。

もちろん御殿内の壁や柱、装飾物などには絶対に手を触れないようにご注意を。

障壁画の数々は、狩野派の絵師たちが用いた技法や素材を分析し、復元模写により当初の色彩を再現したもの。

戦時中の疎開により焼失を逃れたオリジナルの障壁画が1049面あるとされ、豊富な史料に基づく復元が行われている。

障壁画の他にも、昭和初期に作られた309枚の実測図、約700枚の写真、約2000個の礎石といった史料が現存。これほどの実証的な復元が実現できたのはこうした史料を基にすることができたからであるという。復元を終えたばかりで真新しい檜の香りが残る『名古屋城本丸御殿』。現代にありながら、400年前の建築が「新築」の状態で閲覧できるというのは、まさに今しかできない貴重な体験と言えるだろう。

関連サイト

本丸御殿とは:名古屋城本丸御殿