電動アシストを“後付け”できるキット『Revos』が意外にスマート※ただし日本ではダメです

通勤、通学、買い物にと大活躍してくれる電動アシスト付き自転車。便利なのはわかるけど、もう自転車を持っているし、もう1台買うのはちょっと……なんて人もいるのではないだろうか。そんな場合に便利そうなキットがKickstarterに登場している。『Revos』は自転車に電動アシスト機能を後付けできるのだ。

ローラーによる駆動部とバッテリー部、2つのパーツで構成される『Revos』。駆動部はシートチューブとシートステーの間、ローラーがタイヤに触れるように設置すればOK。設置作業には10分とかからないという。これでモーターによるアシストが付与されるわけだ。アシスト能力は最高時速25kmまでとのこと。

バッテリー部はダウンチューブのネジ穴にステー経由で取り付ける。バッテリーは100Wh仕様と209Wh仕様と2種類の容量が用意されており、100Whモデルで20km弱、209Whモデルで40km弱の距離でアシストが可能だという。

駆動部、バッテリー部はともに防水仕様。そのほか、バッテリー部は単品でモバイルバッテリーとして利用できるのは面白い。ナビでバッテリーを酷使したスマートフォンの充電などにぴったりかもしれない。

『Revos』のプロジェクトはすでに資金調達に成功している。現時点では349ポンド(約5万1000円)〜の出資で入手可能だ。なかなか面白いアイテムではあるが、日本での利用はできないので注意されたし。

関連サイト

Revos(Kickstarter)