これは人間をダメにするやつ。「ベッドでピザを食べる専用ピザボックス」の罪悪感が半端ない

シーツに食べこぼしと油が飛び散りそう。でもそんな堕落した暮らしもしてみたいような、してみたくないような……。カナダのピザチェーン「ボストンピザ(Boston Pizza)」は、箱を開いて組み立てると“お膳”のような脚つきのトレイに変身するピザボックスを発表した。普通に食卓の上で使うのではなく「DESIGNED FOR EATING PIZZA IN BED」、すなわち「ベッドの上でピザを食べるために作られた」というのがなんとも罪深い感じ。

ベッドでこんな風にピザを食べることに心理的な抵抗感を感じる一方、これであとはビールとテレビがあれば、休日はずーっとベッドで過ごせてしまう気がしないでもない。もうね、トイレに行くのさえ面倒くさいと思っちゃうレベルの、完璧なグータラ生活者のできあがり。まさに人間をダメにするピザボックスであると言わざるを得ないだろう。

それにしても、このピザボックスが「父の日」にあわせて発表されたというのが、なんとも意味深。「お父さん、いつもお疲れ様。たまにはベッドから出ないくらいのんびり過ごしていいのよ」という意味だと思いたいところではあるが、ひょっとすると「家のなかウロウロされると邪魔なんだよ。ベッドでピザでも食ってろ!」なーんてメッセージが隠されていたりして……。うーむ、それって考えすぎかしら。

関連サイト

BP in Bed | Boston Pizza