『キリン一番搾り 超芳醇』堤真一がCMで言う「濃いねぇ!」は本当なの!?【試飲レポ】

2018年6月5日より「キリン一番搾り」ブランドの期間限定商品として販売されている『キリン一番搾り 超芳醇』。“高濃度一番搾り麦汁”を採用したことで、麦のうまみがしっかりあるとされ、オンエア中のテレビCMでも出演俳優の堤真一氏が「ああー、うまい!」「濃いねえ!」と連呼している。

そこまで「高濃度」「濃い味わい」と強調されると、いつもの『一番搾り』とはまったく別な方向のテイストになってしまっているのではないかと心配になったが、実際に飲み比べスタイルで試飲してみると、たしかに口内に広がる麦の風味はふくよかに感じられたものの、飲み口と後味は『一番搾り』そのもの。普段から同ブランドの定番品を愛飲しているユーザーでも、まったく違和感なく楽しめる味に仕上がっていた。

この点についてキリンの開発担当者は「通常、濃く芳醇な味わいのビールを追求すると、渋みや雑味も強まるため、重たい味になってしまうが、一番搾り製法によってそれらを抑え、麦のうまみが強く感じられながらもすっきりした味わいを実現した」と話している。

微妙な味わいの違いを追いかけながら2つの『一番搾り』を飲み比べていると、その飲みやすさからついグイグイとグラスが進んでしまう。『キリン一番搾り 超芳醇』は通常版よりも少々アルコール分高めの6%なので、くれぐれも飲みすぎにはご注意を。350ml缶、500ml缶がすでに全国で販売されていて、販売予定数は大びん換算で約36万ケースとのこと。まだ未体験なら、一度飲み比べてみてはいかがだろうか。

※お酒は20歳になってから

関連サイト

一番搾り 超芳醇