「バイクが好きだぁ~!」あの鈴鹿サーキット限定弁当に『バイクすき弁当』が仲間入り

2017年の「鈴鹿8時間耐久ロードレース」で初登場し、同年11月の「全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦」の復刻販売でも大人気を博したという、ガソリンタンク型のサーキット限定弁当『バイクのり弁当』が再度復活。さらにホンダとコラボレーションした赤い弁当箱の『バイクすき弁当』も新たに仲間入りした。

「バイク好きのための、牛すき弁当」とされる『バイクすき弁当』の弁当箱には、ホンダの二輪キャンペーン・キャッチコピー“バイクが、好きだ。”とウイングマークがデザインされ、お値段はバイクのり弁当よりもちょっとだけアップの税込1800円。『バイクのり弁当』の方はお値段そのままの税込1500円だ。

その『バイクのり弁当』だが、従来の海苔には鈴鹿サーキットのコースがプリントされていたところ、コーナリングするバイクの絵柄にデザイン変更されている。ライダーが右手に掲げているのは弁当箱だろうか? なお、弁当箱のデザインに変更はなく、コース図と「SUZUKA CIRCUIT」の文字が描かれた黒いタンク型である。

これまでは数量限定販売の商品だったが、今回は事前予約をすることで確実に入手できるようになったのが嬉しい。事前予約の申し込みは2018年6月24日の10:00よりスタート。公式オンラインショッピングサイト(MOBILITY STATION)にて。

関連サイト

「バイクが、好きだ。」なライダーにぴったり!“コカ・コーラ”鈴鹿8耐で「バイクすき弁当」・「バイクのり弁当」発売|鈴鹿サーキットのプレスリリース