高級食パンのブームに乗り遅れるな。生食パン専門店「考えた人すごいわ」がオープン

ここ数年の食パンブームで各地に専門店がオープンするなか、埼玉県・所沢に本社を置くオーネスティグループは、トーストせずに生食した際の口どけにこだわった食パン専門店「考えた人すごいわ」を、2018年6月30日10:00にグランドオープンする。

出店地は所沢にほど近い西武池袋線の清瀬駅から目と鼻の先といったところ。駅のホームからも見えるわかりやすい立地で、地域に密着した店舗作りを目指すという。

2斤サイズで1本800円と980円の価格設定

「考えた人すごいわ」の商品ラインアップは、厳選小麦粉と国産バター、岩手県の“のだ塩”などの素材にこだわったプレーンな食パン『魂仕込み(こんじこみ)』(税別800円)と、それに豪州産のサンマスカットレーズンを加えた『宝石箱(ほうせきばこ)』(税別980円)2種だけのシンプルさ。

ちなみにこの価格設定は、高級食パン大手の価格帯にあわせたという理由もあるが、独自の素材と製法を確立した上で、原価率などを考慮してビジネス的に勝負できるラインとして設定されたものであるとのこと。オープン当初は1日あたり『魂仕込み』『宝石箱』あわせて200本の販売ペースを目指す。

値段だけ聞くと高価に思えるかもしれないが、12cm × 12cm × 24cmの2斤サイズはけっこうなボリュームで、食べ応え十分だ。3枚切りくらいの厚切りで食べるか、そのまま手でちぎってモリモリ食べるのがオススメだという。

しっとりして生食でも食べ飽きない味

「焼き立て熱々より、そのまま持ち帰ってちょうどパンが冷めたかな、という頃合いがいちばん美味しい」という自慢の食パンをさっそく試食させてもらうと、まずパサつきをまったく感じないしっとりとした口あたりに驚かされる。そのまま噛まずとも消えてしまうのではないか、と思わせる口どけの良さも印象的だ。「宝石箱」のレーズンとパンの相性も申し分なく、ひとりでも2斤を完食できてしまいそうだ。

10:00から20:00の営業時間内はおおよそ30~40分間隔で随時パンが焼き上がっていくペースになるという「考えた人すごいわ」。東京都内から買いに行くにはいささか不便な立地ではあるが、焼き立ての生食パンを求めて足を延ばす人がこれから出てくるのかもしれない。


食パン専門店「考えた人すごいわ」

オープン日:2018年6月30日(土)
住所:東京都清瀬市元町1-10-13
TEL:042-497-1510
営業時間:10:00~20:00※不定休


関連サイト

生食パンの専門店「考えた人すごいわ」東京・清瀬にオープン(オーネスティグループ)