夏本番!後部をウッドデッキ化したビーチ仕様フィアット『500 Spiaggina’58』が気になる~っ

梅雨も明けていよいよ夏本番。そんななか、イタリアからは『フィアット500』特別仕様『500 Spiaggina’58』の情報が飛び込んできた。ここではベースモデルから一部のみを変更したモデルに加え、カスタムビルダー「ガレージ・イタリア」による尖りまくった「ルーフレス」「リアシートレス」仕様が用意されていることに注目。こちらの仕様では、シートが撤去されたリア部分にはウッドデッキとシャワー(!)があつらえられ、運転席および助手席はベンチシートにモディファイされている。

ちなみにこの特別仕様車は、1958年の同名モデル誕生60周年を記念したものであるとのこと。特別なブルーの塗装と専用のディテールが施され、ルーフレス&ウッドデッキ仕様車はさらにブルーとホワイトのツートンカラーで仕上げられる。もちろん制作は1台1台がガレージ・イタリアによって行われることになるのだろう。

かつて販売されたオリジナルの『Spiaggina』はノーマル仕様の『500』の倍という高価なクルマだったというが、今回の特別仕様車の価格はまだ明らかにされていない。とはいえ、これだけのカスタマイズである。やはりそれなりのお値段は覚悟しておくべきなのだろう。

関連サイト

Fiat 500 Spiaggina ’58 – A timeless is back, 60 years later | Fiat