部屋に転がるタイヤ……じゃない、『SEALスピーカー』がグッド・サウンドを奏でるぞ!

スピーカーは、部屋に設置するインテリアとしてデザインに拘りを持った製品も多い。そんな市場に、廃タイヤを使ったインパクト大なスピーカー『SEALスピーカー』(3万3480円)が殴り込みをかけている。

『SEALスピーカー』は廃タイヤを利用した、1点1点のパターンが異なるスピーカーだ。大分県の杉間伐材となるレッドブラウン色の木材をタイヤと組み合わせ、なんともモダンなデザインに仕上げている。

音楽再生は、BluetoothでスマートフォンやPCと連携、あるいはAUXコードによる有線接続も可能だ。さらに、スピーカー同士を接続して連携させることもできるという。

本体には115mmのウーファーと25mmのツイーターが組み合わさっており、タイヤの弾力性を活かした温かみ・深みのある音楽再生が可能だと案内されている。

本体サイズは幅470×高さ470×奥行き125mmで、重量は6kg。また本体を保持するためのスタンドが付属しているから、安定性もばっちりだ。

存在感抜群の『SEALスピーカー』は、「SEAL」ECサイトにて販売中。在庫は残りわずかとのことなので、この特徴的なスピーカーを自宅にお迎えしたい方は少し急いだほうがよさそうだ。

関連サイト

SEALスピーカー