往年の名ラリーカー『ランチア・デルタS4・ストラダーレ』!海外レトロカー販売サイトに出品される

ランチア・チームのマシンとして、1985年の世界ラリー選手権グループBに参戦したラリーカー『ランチア・デルタS4・ストラダーレ』が、海外レトロカー販売サイトのPetrology.coに掲載されている。ちなみにこのマシン、象徴的なサソリのマークが示す通り、実際にはフィアットのモータースポーツ部門でもあった「アバルト」が開発を担当したものなのだという。

『ランチア・デルタS4・ストラダーレ』は200台が製造されたホモロゲーションモデルの1台だ。先進的な4WD駆動システムを採用し、実際にレースに投入された『コンペティツィオーネ』は、世界ラリー選手権で輝かしい戦歴を上げている。

搭載エンジンは4気筒の1759.3ccで、スーパーチャージャーとターボの組み回せにより480馬力(一説には500馬力以上)を引き出している。なお、Petrology.coで販売されている車両ではレストアは施されていないそうだ。

内装のコンディションは素晴らしいの一言で、スエード素材のシートはその柔らかな感触が画像から伝わってくるよう。メンテナンスやサービスのマニュアルも付属するという。

こちらの『ランチア・デルタS4・ストラダーレ』の価格は「要相談」。ラリーファンからすれば、気になって仕方ない1台ではなかろうか。

関連サイト

ランチア・デルタS4・ストラダーレ