財布に溜まり続けるカードとおさらば? 『OraSaifu』はクレカと暗号通貨を一括管理できるデバイス

財布の中で無限に増殖するクレジットカードの今どきな運用方法として、カード情報を内部に保存できるデバイスがある。そんなデバイスに、クレジットカードだけでなく暗号通貨の一括管理も可能にした『OraSaifu』が、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場している。

『OraSaifu』はNFCによる通信機能、または本体に備えられたカメラでの撮影によりカード情報を登録する。内部のセキュリティチップにはクレジットカードやデビットカードなどの情報から、ビットコインやリップル、ネムなど20種類もの仮想通貨データまで、さまざまなデータを記録することができる。

実際に『OraSaifu』を使う際には、4インチディスプレイから使いたいカードをタッチ操作で選び、支払い機器にかざすだけでOK。利用の際にはパスワードの入力が求められるので。セキュリティ面でも安心だ。

本体の厚さは4.1〜6.5mmで、重量は65g。充電は下部のUSB Type-Cポート経由で行い、満充電の場合で7日間程度バッテリーが持続するとのこと。

『OraSaifu』のプロジェクトはすでに資金調達に成功しており、現時点で139ドル(約1万6000)円の出資で入手できる。製品は2018年10月の出荷予定で、日本への配送も可能だ。

関連サイト

OraSaifu