5つの記事で完全理解。話題の企業「ジャパンディスプレイ(JDI)」まとめ【2018年・夏】

ソニー、東芝、日立など名だたる日本メーカーのディスプレイ事業を統合した企業「ジャパンディスプレイ(JDI)」が、先日の戦略発表会にて「モノづくりだけでないコトづくり」「“ディスプレイ”から“インターフェース”への移行」「B to Cビジネスへの参入」という新機軸を打ち立てて人々の度肝を抜いたのは記憶に新しい。しかし元々がディスプレイ部品をメーカー向けに供給するB to B企業だっただけに、その実態はなかなか知られていなかった。

2018年後半以降のテクノロジー系トピックで台風の目となりそうなJDIについて、その誕生の経緯から最新のコンシューマー向け製品コンセプトまでここ最近の記事をまとめてみたので、この機会に“日本発の先端ディスプレイ・メーカー”について理解を深めてみてほしい。

戦略発表会で飛び出した「5つの新製品/コンセプト」をチェック!

JDI誕生のいきさつを知ろう

液晶は“見る(ディスプレイ)”から“使う(インターフェース)”の時代へ

まだまだあるぞ。JDI驚愕の画面技術

2020年はこうなる!? 未来のディスプレイ技術を先取り!