藤原ヒロシの“コンビニ”から、“買える公園”まで。銀座の新ランドマーク『Ginza Sony Park』がついに本日開園!

多くのファンに惜しまれつつも、2017年3月31日に営業が終了した東京・銀座のソニービル。ビル解体前のラストイベント「It’s a Sony展」に、涙をこらえて足を運んだ人も多いことだろう。

本日(2018年8月9日)13:00、そんな旧ソニービルの跡地に新たな銀座のランドマークが誕生する。その名も『Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)』は、地上1階から地下4階まで5層にわたる、ソニーが考える新しい形の“公園”だ。パートナーとして6つの店舗、そしてローラースケートをはじめとした斬新なイベントの数々が展開される。今回はオープン前日に潜入する機会に恵まれたので、その内容をお伝えさせていただこう。

【地上1階】“買える公園”とラジオステーション

『アヲ GINZA TOKYO』は、プラントハンター・西畠清順さんの手により世界各地から集められた特別な植物を、実際に購入できるという“買える公園”がコンセプトのスペース。銀座の街を彩る植物たちがここで植物が購入されるたび、『Ginza Sony Park』のイメージもまた刻々と変わっていくのだ。

『TOKYO FM | Ginza Sony Park Studio』は、東京の今を届けるラジオステーション。TOKYO FMのサテライトスタジオとして設置されており、いま東京でアツい音楽やカルチャーを発信していく。

【地下1階】藤原ヒロシの“コンビニ”と、ミシュラン星獲得店による飲茶スタンド

『THE CONVENI』は、藤原ヒロシさんがディレクションを担当した、コンビニエンスストアをコンセプトにしたショップ。店内には、ペットボトルに入った「fragment design」のTシャツや、牛乳パックに入った靴下など、ここでしか手に入らない限定商品を数多く取り揃えている。

『MIMOSA GINZA』は、ミシュラン星獲得店による“路地裏の屋台”をテーマにした飲茶スタンド。ドリンクは香港ミルクティーや中国紅茶など、フードは肉まんやエッグタルトなど、気軽に美味しく楽しめるメニューを展開している。

【地下2階】変わり続ける実験的な遊び場のイベントスペース

地下2階の広いスペースでは、様々なテーマに沿った体験型のイベントが順次開催されていく。『Ginza Sony Park』開園の8月9日から9月24日までの期間は、なんとローラースケート場『#001 PARK × MUSIC × ROLLER SKATE』が出現! なぜローラースケートなのか、それはウォークマン初号機のパッケージにローラースケートを楽しむ2人がデザインされたことにインスパイアされたからなのだとか。

【地下3階】トラヤカフェの”あん”がその場で作られてるし、しかも買える!

『トラヤカフェ・あんスタンド』は、オリジナルの『あんペースト』の販売、そして店内に“あん”の製造所を併設する直売所。さらに地上1階には期間限定のポップアップストアもオープンしており、トラヤカフェ限定のかき氷が食べられるのだ。

【地下4階】極上のビールと音楽に気持ちよく酔いしれる

『”BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY』は、クラフトビール専門店を展開する「SPRING VALLEY BREWERY」のクラフトビール&デリスタンド。16種類のクラフトビールや季節ごとに変わる12種類のフードが味わえる。

『Park Live』は、毎週金曜日20:00から開催されるライブ会場。ライブハウスやクラブとも違う、音楽と触れ合う新たな場になるという。出演者は当日まで発表されないシークレット形式だ。クラフトビールを飲みながらライブを楽しむなんて、最高の贅沢……。

『Ginza Sony Park』は、2020年秋までの期間限定で開園され、その後2022年には新ソニービルが竣工される予定とのこと。銀座の新たなシンボルになるであろう”公園”は、この街に新たな風を吹かしてくれるはずだ。

関連サイト

Ginza Sony Park