3歳から乗れてレース出走もOK!キッズ向け電動バイク「ヨツバモト」のススメ

“将来はワークスライダー”、そんな大層な夢は持っていなくても、親子でツーリングなどバイクを一緒に楽しみたいと夢想しているパパ世代のライダーは多いはず。そんな人におすすめしたいのが、キッズ用の電動バイク『ヨツバモトMeow(ニャオ)』だ。身長85cm〜、年齢でいうと3歳くらいから乗ることができるサイズで、転倒センサーやハンドルが切れすぎないようにサポートする機構も備え、初心者でも安全に楽しめる配慮がされている。キッズライダー向けのレースも行われているので、その気になればレースデビューを果たすことも可能だ。

重さはエンジン付きキッズ向けバイクの1/4

ヨツバモトはオフロード向けのバイクや自転車用品を展開するダートフリークのキッズ向けブランド。これまでもキッズ向けのバイクは存在していたが、基本的にエンジンが動力なので、車重が重くなってしまうのがネックだった。また、エンジンの出力も初めてバイクに乗る子どもには、ややハードルが高かったのも事実。その点、『ヨツバモトMeow』は重量約12.5kgとエンジン付きモデルの約1/4という軽さを達成。転倒しても自分の手で起こすことができるので、キッズも心置きなく“転ぶことに慣れる”ことができる。転倒がつきものの2輪車にとって、これは大切な要素だ。

タイヤサイズは12インチと16インチの2種類が用意される。価格は12インチモデルが7万4520円、16インチが8万4240円だ。