声にも反応!あのミニチュアロボ『Cozmo』の進化版『Vector』がやってくる

プロセッサの高性能化とコストダウンにより、最近数多く登場している家庭用ロボット。米国ベンチャーのankiはこれまで『DRIVE』や『OVERDRIVE』、『Cozmo』をリリースしてきたが、さらに賢く進化した第4世代のミニチュアロボット『Vector』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場している。

『Vector』の最大の特徴は、話しかけられた内容を理解し、コマンドが実行できることだ。スマートフォンのAI(人工知能)アシスタントのように「Hey Vector, Come Here」と話しかければこちら側に走ってくるし、質問にも答えてくれる。

脚周りには無限軌道が採用され、カタカタと可愛らしく動き回るのは『Cozmo』同様。アームを上下に動作させたり、カメラで周囲の状況を読み取って、障害物を避けながら移動することも可能だ。

本体前面のディスプレイによる豊かな感情表現も健在。まるでペットのように、感情豊かに現在の状態や気持ちを表現してくれる。またディスプレイには天気やタイマーを表示したり、さらにはブラックジャックのようなカードゲームが楽めるというのも興味深い。

初期設定にはスマートフォン向けアプリが必要。もっとも、一度セットアップしてしまえば、あとは『Vector』自身への音声コマンドやディスプレイ表示だけでユーザーとのやり取りが可能となる。

『Vector』のプロジェクトはすでに資金募集に成功しており、現時点では199ドル(約2万2000円)の出資で入手可能。製品は2018年10月の出荷を予定しているが、残念ながらまずはアメリカ国内向け配送のみのスタートになる模様。『Cozmo』のように、国内販売が始まるのを期待したいものだ。

関連サイト

Vector