自宅の庭で生活!すでに100泊を突破した男性が「庭キャンプ」の魅力を語り尽くす

あまりの楽しさに100泊を突破!
「庭キャンプ」の魅力ってなんですか?


「設営しなくていいのが庭キャンプのメリットのひとつ。100回寝ていますけど、ペグは一回しか打っていません」。そう語るのは、音楽プロデューサーの齋藤久師さん。今年の春から自宅の庭でテント泊をはじめ、取材当日になんと通算100泊目を記録! 頑張らずにキャンプが楽しめる「庭キャンプ」、実体験を踏まえてその魅力を語ってもらった。

何かあったら家に避難!「庭キャンプ」は究極の頑張らないキャンプスタイル

自宅前の歩道から見た構図がこちら。住宅街のなかで異彩を放っているが、逆にいろんな人から声をかけられるようになって、近所付き合いも良くなったとか。庭キャンプの相棒に選んだテントは『スノーピーク エントリーパックTT』。タープとテントのセットで5万円というコスパ抜群の人気モデルだ。

千葉県某所。新旧の戸建てが並ぶ住宅街の一角に、突如としてド派手なクルマと場違いなテントが現れる。音楽プロデューサー・齋藤久師さんのご自宅だ。昨年まで都心で生活をしていた齋藤さん一家、実家の建て直しを機に地元の千葉県にIターンしてきたのだが、庭キャンプが楽しすぎてすでに3カ月半が経過しているという。

「当初は引越し後すぐに家の建て直しを計画していたんですが、バタバタしていてなかなか着手できなかったんです。ある日、スノーピークの社長・山井 太さんの書籍を読んでいたら『テントから通ってくる社員もいる』という一文を目にして。これはおもしろそう! と自分も庭にテントを張ってみたのが庭キャンプのはじまりです」

以来、キャンプの楽しさにハマってギアを次々と導入。“玄関開けたらすぐテント”という手軽さもあいまって、設営以来、一度も撤収をしていないそうだ。