肉!酒!燻製!簡単なのにおいしい!「頑張らないキャンプ飯&調理器具」を極めよう

キャンプの華! おいしいものは「手軽に」楽しむ

キャンプ場に着いたあと、やっぱり食べたり飲んだりが一番の楽しみという人も多いはず。頑張ってテントを設営したらお腹も空いてくるというもの。そこで、なるべく簡単に食事を用意できるようなドリンク・フードや、それを調理できるグッズを紹介。これでパパの株も家族の中でうなぎのぼりに!

キンキンに冷えたビールが長時間持続

ドリンクタンクス
ドリンクタンクス グラウラー 64oz(1.9L)
価格:1万7820円

ビールの冷たさと炭酸を、約24時間持続させる真空断熱構造の魔法瓶。ダブルベイルの頑丈なフタが飲み物を漏らすことなく密閉してくれる。暖かい飲み物も約12時間の保温が可能だ。

別売りの『Keg Cap』を取り付ければビアサーバーとして使用することもできる。キンキンに冷えたビールを長時間みんなで楽しめるのだ。

単一農園産のリッチなコーヒー豆が堪能できる

グロワーズカップ
COFFEE BREWER
価格:3888円(12個入り)

お湯さえあれば、どこでもスペシャリティコーヒーが飲める珠玉のパック。インスタントとは一線を画す味わいと、湯を注ぐだけという手軽さが、キャンプをリッチにしてくれる。

一度使ったとしても、中身を取り出し、新しい豆を入れれば再利用可能。好みの豆を入れて、違う味を楽しむことも可能だ。


保温調理器×アウトドアの相性が最高!

サーモス
真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-3001
価格:2万7000円

食材と調味料を短時間火にかけた後、保温容器に入れて放置。火の見張り番いらずで遊んでいる間に、極上煮込み料理が完成。バラバラの時間に食べても温かさが持続する。

燻製(くんせい)が短時間&ポータブルで楽しめる

グルーディア
GLUDIA燻製器
価格:1万7820円

手間のかかるイメージの燻製が、3分程度で作れるポータブル燻製器。本体にスモークチップを入れて、着火。チューブから出る煙を、食材が入った密閉容器に充満させる。

その場で燻製が作れるというだけで、盛り上がること請け合い。普段絶対食べられないオリジナル燻製を作ってみるのも楽しいかも?

肉マイスターが選んだ絶品黒毛和牛でキマリ

都萬牛
ブロック肉
価格:5400円~

良質な餌によって霜降りを減らし、健康的に育てられた黒毛和牛。BBQにはひっくり返す手間が少なく、旨味が閉じ込められるブロック肉がオススメ。

ラクラク着火!使用後は捨てられる

カサスグリル
クラフトグリル
価格:1296円

全てに天然素材が使われた、自然に還る使い切りコンロ。本体はダンボール・網は竹棒でできている。炭には着火剤が入っており、簡易ライターでの着火も楽チン。温度は約60分持続する。

洗練された北欧デザインのグリルが、フォトジェニックなBBQ空間を演出。火の立たない特殊な竹炭が、食材をじっくり芯まで焼き上げてくれる。
【秋は“後ろ向き”にポジティブ!頑張らないキャンプ】

いわゆるキャンプは苦手だ!わざわざテントを張るのも大変だし、苦労して火を起こして料理を作ったり、挙げ句の果てに虻に刺されたり……。でも、そんな面倒臭がり屋な人でも、自然のなかでまったりはしたいし、みんなでごはんを食べたり、星空を眺めたり、川で遊んだりするのは好きだったりする。だいたい日々忙しく生活しているのに、なんでたまの休みに行くキャンプで頑張らなきゃいけないのか? 今回はそんなわがままなインドア派でも、一切頑張らないで楽しめる新定番キャンプ術を紹介します。

『デジモノステーション』2018年10月号より抜粋。