見て見て、これがホップです! 国産ホップビールのお祭り「フレッシュホップフェスト2018」スタート

2018年9月1日より、国産フレッシュホップを使ったビールを楽しむお祭り『フレッシュホップフェスト2018』が始まった。参加する52社のクラフトビールブルワリー直営店やキリンの「タップマルシェ」設置店など、全国1000店舗以上の飲食店で、フレッシュホップを使ったビールを楽しめる。期間は2018年10月28日までの約2ヶ月間。

生産量が減少傾向にある国産ホップ

国産ホップ生産の現状と課題について語る、スプリングバレーブルワリーのマスターブリュワー田山智広氏

東北4県と北海道でそのほとんどが生産されている日本産ホップ。全国各地でクラフトブルワリーが続々と誕生するなかで国産ホップへの期待が高まる一方で、農家の高齢化と担い手不足に起因する生産量の減少は深刻な課題だ。生産量は2005年に497トンあったのが2017年には273トンと、約半分にまで激減してしまった。