形状、サイズとも見事にコイン。超小型変形ナイフ『Eclipse』をどう使いこなす?

日常的に持ち歩くナイフとしては、ある意味で理想的なカタチなのかもしれない。まるでコインのように小さな円盤型から、片手で簡単にナイフへと変形させられる『Eclipse』が、クラウドファンディングを成功させて販売予約を受付中だ。市販予定価格は59ドル以上になる見込みだが、Kickstarterの早割(アーリーバード)では39ドルから入手可能になっている。

キーチェーンループを備えたコイン形状は、ポケットや財布に入れるのはもちろん、キーホルダーやネックレスに取り付けて携帯するのにも適している。ナイフが必要になったら安全ロックボタンを押しこみながらスライドさせるだけで、瞬時に0.7インチのブレードを展開させることが可能だ。

ブレードおよびハンドルの材質は440Cステンレス鋼。持ち手にあたる部分はガラスエポキシ素材FR-4製だ。収納時の直径は1.8インチ(4.572cm)ということで、実際には我々が見慣れているコインよりはやや大振りなサイズということになる。また重量は1.1オンス。これはおよそ31グラム程度だろう。500円硬貨の重量が7グラムだから、ややずっしりとした重量感があるのかもしれない。

ブレードは非常に小さいが、Kickstarterのページを見ると段ボールやリンゴをザクザクと切っており、その切れ味はかなりのもの。極小サイズとはいえ立派な刃物なので取り扱いには細心の注意を払いたい。出荷予定は2018年10月となっている。

関連サイト

Eclipse: The Morphing Coin Shaped Everyday Carry Knife by Fulcrum Knives — Kickstarter