あれっ、コーヒーじゃない。缶スープ『ビストロボス』が、働く人の小腹に染みるぜ…

缶コーヒーのイメージが強いが、実はココアやミルクティーなどコーヒー以外の商品も展開している、サントリーの「BOSS」。本日(2018年9月18日)より、仕事の合間のちょっとした小腹を満たしてくれる缶スープシリーズ「ビストロボス」が発売された。ラインアップは『ビストロボス コク旨い、粒たっぷりコーンスープ』『ビストロボス 玉ねぎとビーフの旨み、スパイシーコンソメスープ』の2種。自動販売機でホット販売される缶スープは、これからの秋冬シーズンにありがたい存在だ。

「コーンスープ」は小腹満たし感がありつつも、飲用後の「なんかまだ缶に残ってる気がする……」感覚が少ない適度なとろみ設計。どちらかというとサラッとした飲み口なのだが、仕事の後の食事に響かないという意味ではほど良いバランスと言えるのかもしれない。

一方の「スパイシーコンソメスープ」はネーミング通りスパイスのしっかり効いたパンチのあるテイスト。こちらも満腹になるほどのボリュームはないものの、残業中の“もうひと頑張り”を助けてくれそうな刺激的な味が好感触だ。

パッケージは老舗の洋食店をイメージしたというレトロデザインの185g缶。希望小売価格は115円(税別)で、全国の自動販売機にて販売される。思えば“働く人の相棒”として展開している「BOSS」ブランドだけに、ちょっとした小腹を満たしてくれるスープ飲料に進出するのはイメージ的にも納得がいく。缶コーヒーとともに、これからの季節を乗り切る良き相棒となってくれるのではないだろうか。

関連サイト

BOSS TOWN(ボスタウン) | サントリー
サントリー食品インターナショナル株式会社のプレスリリース