【世界最速レビュー】GoPro『HERO7 Black』を使って分かった、“手ブレ”が存在しない動画の世界!

本日2018年9月20日22:00、アクションカムの先駆者「GoPro」から待望の新製品『HERO7 Black』が発表された。本モデルの1番の特長は、手ブレを抑えるスタビライザーやジンバルがなくても、まるでプロのような動画撮影ができる機能「ハイパースムース」が搭載されたことだ。

今回は発表に先立ち、特別に実機を試す機会に恵まれたので世界最速でハンズオン・レビューをお届けしよう。“プロのような動画撮影ができる”という謳い文句は聞き飽きたかも知れないが、下記の3つの動画を観れば、きっと圧倒的な動画性能の高さに驚愕するはずだ。

ハイパースムース機能があれば、もう手ブレに悩まない

これは実際に『HERO7 Black』を使って撮影した映像だ。スタビライザーを装着せず、ただ本体を手で持って撮っただけである。しかし驚くほどに手ブレがなく、まさにプロが撮影したかのような滑らかな映像に仕上がっている。

これは前述の「ハイパースムース」によるもの。新開発のハードウェアチップが被写体の動きを予測して、レンズの動きを電子制御することで、まるで自分の目で見たような“スムース”な動画撮影が可能になるという仕組みだ。

本機能は街中の散歩や動き回る子どもの撮影はもちろん、「GoPro」の真骨頂でもあるエクストリームスポーツなどのシーンでも存分に力を発揮する。

本製品の開発責任者のニコラス・ギルモア氏は、「『HERO7 Black』において、300ドル以上するスタビライザーやジンバルのような機能を本体の中に組み込めたのが1番のポイント」と語った。それだけ「ハイパースムース」には力を入れており、同時に「GoPro」史上最高の映像体験を作り出すことに成功したというわけだ。

動画編集無しで、この完成度!

本作には、従来の「タイムラプス」がさらに進化した「タイムワープビデオ」が新たに搭載されている。そもそも「タイムラプス」とは、長時間撮影した動画をぎゅっと凝縮した動画に仕上げる機能のこと。しかし基本的には三脚を使用した定点撮影が前提であり、今作はその制限を取っ払った形となっている。

「タイムワープビデオ」は、簡単に言えば「タイムラプス」と「ハイパースムース機能」と組み合わせた機能。スタビライザー無しで歩き回って撮影しても、早回ししたような動画が手ブレなく完成するのだ。例えばサイクリングやハイキング、旅行中の街散策などのシーンへも応用できるから、映像表現の可能性が広がることは間違いない。

これらの機能以外にも、内蔵のアルゴリズムが撮影シーンを自動で判別して、ダイナミックレンジや明るさを設定してくれる「スーパーフォト」は静止画シーンで活躍するだろう。

画面のUIも進化しており、スマホに近い直感的な操作が可能になっている。カメラやビデオの切り替えも横にスワイプするだけで、さらに本体の向きを変えれば画面表示も自動で切り替わる。

刷新されたGoProアプリでは、動画編集やシェアも簡単に行える。また「GoPro」で初となるライブストリーミングに対応しているのも目玉のひとつだ。

もちろん従来のQuikアプリを使えば、下の動画のような凝った動画もラクラク作れる。わざわざ自宅に帰って動画をパソコンに取り込み、そこから動画を編集する……なんて面倒な作業は必要ない。撮ったらすぐにスマホに取り込んで、ちょっと編集すれば、その場で友人に送ったりSNSに共有したりできるというわけだ。

『HERO7 Black』の価格は5万3460円。また同時に『HERO7 Silver』(4万1580円)、『HERO7 White』(3万1860円)の2機種もリリースされる。すべて2018年9月27日の発売予定だ。

関連サイト

GoPro