古代ギリシアの英雄となれ!『アサシン クリード オデッセイ』は自身の生き方を問う“選択”の物語

歴史の闇に埋もれた古代ギリシアの叙事詩が紐解かれる
『アサシン クリード オデッセイ』

古代ギリシアを舞台に、英雄の血を引く傭兵の冒険を描き出す「アサシン クリード」シリーズ最新作。
テーマは”選択”。さまざまな人物とかかわり、己の運命をその手で変えていけ!

アサシン クリード オデッセイ

ユービーアイソフト 2018年10月5日 世界同時発売
PS4/Xbox one/PC 
8400円+税 
RPG

自らの決断により運命を切り開く 生き方を問う”選択”の物語

紀元前431年、古代ギリシアで知られざる叙事詩が幕を開ける! 「アサシン クリード」最新作は、ある傭兵が英雄へと成り上がっていくオープンワールドRPG。幼くして家族に殺されかけた過去を持つ主人公が、冒険を通じて自身の血脈に隠された秘密を解き明かしていく。

本作がテーマに掲げるのは”選択”。ゲームスタート時に男女どちらの主人公を選ぶかという選択に始まり、登場人物との会話、物語上の大きな決断など、さまざまな局面で選択を求められる。

また、歴史に詳しい人ならご存知のとおり、紀元前431年と言えばペロポネソス戦争が始まった年でもある。ギリシアに覇権を唱えようとするアテナイ軍と自主独立を堅持しようとするスパルタ軍、どちらに加担するかという選択もプレイヤー自身で行なえるようだ。

どのような決断を下してきたかによって、エンディングも大きく変化する。自らの手で運命を切り開き、未来を形作る楽しさを味うことができるだろう。

神話と文明に彩られた黄金期の古代ギリシアを、気の向くままに旅するオープンワールドならではの楽しさも待ち受けている。威容を誇る神殿、楽園の島々、雪山や火山などが美しく描き出され、ただ歩きまわるだけでも冒険心をくすぐられるはず。

船を操り大海原に出れば、エーゲ海に沈む遺跡や洞窟、難破船などを探索することも可能だ。謎とスリルに満ちた神秘的な世界を旅し、300以上存在するクエストをこなしながら自分だけの物語を紡いでいこう。

プレイヤーの行く先々で待ち受ける膨大なクエストの数々


プレイヤーは主人公に男性のアレクシオス、女性のカサンドラのいずれかを選択、クエストをこなしながらさまざまな地域を巡りストーリーを進めていく。

メインクエスト、サイドクエストのほか、プレイヤーの選択に基づいて出現するダイナミッククエストもあり、そのボリュームに圧倒されるほど。

また、旅のさなかに出会った人物との会話も、プレイヤーの運命に影響を及ぼす。ひとつひとつの選択を楽しみながら、旅を続けよう。

バトルシステムは前作を継承 海戦や150vs150の大規模戦闘も!


戦闘は、前作『オリジンズ』をベースにしたシステム。祖父から受け継いだ「レオニダスの槍」のほか、7つのカテゴリーから武器を装備できる。習得するアビリティによって、自分のプレイスタイルに応じた主人公を作り上げることも可能だ。

ペロポネソス戦争では300人もの兵士が入り乱れる壮大なバトルに参戦できるほか、隠された財宝を探し出して敵の艦隊を打ち破る船上戦も。もちろん、シリーズでおなじみの暗殺任務も用意されている。

『アサシン クリード』シリーズについて
2008年に第1作が誕生した「アサシン クリード」は、アサシン教団とテンプル騎士団の戦いを描くオープンワールドゲーム。現代から過去へとさかのぼり、暗殺者として任務に臨む主人公の姿が描かれる。最新作『オデッセイ』は11作目にあたるが、正編のほかにもスピンオフ作品が多数発売中。2017年にはゲームを原案とした映画も公開されている。

『アサシン クリード』シリーズの最新作
今作の魅力や、前10作品との違いは?

神々と英雄と芸術そして戦争の黄金時代・古代ギリシアで繰り広げられる本作。
その魅力と過去作との違いについて、マーケティングディレクター・辻 良尚氏に語ってもらった。

Q.本作のテーマは“選択”。さまざまな選択が待ち受けているそうですが、例えばどのようなものでしょうか。また、“選択”によってどのような面白さが生まれるのかお聞かせください。

個々の選択事例については、ネタバレになってしまうのであえて伏せますが、日常の小さな選択から、自らの、あるいはギリシアの運命を左右するような選択まで色々あります。プレイヤーの皆さんには、ゲームを有利に進めるテクニックとして選択するのではなく、自身の感情の赴くままに、あるいは信条によって選択してほしいですね。まさに自分自身の冒険が紡がれていくからです。そして、選択によって起こってしまった大変なことや、面倒なことの解決も楽しんでほしいと思います。

Q.古代ギリシアを舞台にすることで、どのような面白さが生まれていますか?また、歴史上のキャラクターは、物語にどのように絡んでくるのでしょうか。

本作が舞台としているのは、古代ギリシアの中でも古典時代と呼ばれる、アテナイやスパルタといった都市国家の全盛期です。民主主義、医療、芸術、学術、哲学など後の西洋文明の原点となったためこう呼ばれているのです。そして、宗教政治によって自由が失われていた14世紀のイタリアに起こったルネッサンスは、この時代の再興を目指したのです。時代としては古いのですが、文化や考え方は極めて進歩的だったこの時代には、すでに社会秩序と個人の自由の相克があったのです。『アサシン クリード』シリーズが一貫して描いているテーマを、ぜひこの時代でも感じてほしいと思います。
そして時代のスーパーヒーローたちも、シリーズと同様にストーリーに絡みます。誰がどのような考え方をするのか、敵となるのか味方となるのか。皆さんも教科書で名前を知っている人物との邂逅を楽しんでください。

Q.ゲーム中では、古代ギリシアの街並みが美しく描き出されています。舞台の見どころをお聞かせください。

やはり、アクロポリスにあるパルテノン神殿は隅々まで見てほしいところです。現在では、ギリシアの神殿は純白のイメージが強いと思いますが、本来は極彩色の艶やかな神殿が主流で、パルテノン神殿もそうでした。プレイヤーの方の「ギリシア」という概念が覆される場所が他にも多数あると思うので、ご自分でお気に入りの場所を見つけてほしいですね。

Q.戦闘では3カテゴリのアビリティを使用できます。「これを使うと華麗に闘える」などおすすめのアビリティや戦闘スタイルがありましたら教えてください。

まずは、ウォリアーカテゴリーにある「スパルタキック」。強烈な前蹴りを繰り出すことによって豪快に敵を吹っ飛ばしてダメージを与えることが出来ます。アビリティをアップグレードすると周りの敵も巻き込むことが出来るので、不利な戦況を覆すことが出来ると思います。
また、アサシンカテゴリーにある「英雄の一撃」は、偉大な祖父であるレオニダスから受け継いだ槍を使用し、ステルスしながらも全力の一撃を相手に与えることが出来るので、通常格上やネームドの敵は一発で暗殺できないこともありますが、これを使用することにより、強敵をも暗殺できる力を得ることが出来ることになります。

Q.このシリーズならではの暗殺任務、海戦や大規模戦闘など、戦闘の見どころ、醍醐味についてお聞かせください。

シリーズを通しての暗殺や、ブラックフラッグやオリジンでも登場した海戦に加えて、本作では大規模戦闘も導入されました。ストーリーだけでなく、プレイスタイルも自由に選択できるのが、本作の特徴です。特に大規模戦闘は、古代ギリシアの戦争の大きな特徴ともいえるものです。ファランクスと呼ばれる重装歩兵による密集陣形での戦闘など、これまで映画などで描かれてきた戦闘に自身も参加することができるのは、とても興奮すると思います。

Q.『アサシン クリード』シリーズ未プレイの方、最近遠ざかっていた方に向けて、購入を後押しするようなメッセージをお願いいたします。

前作の『アサシン クリード オリジン』で、RPG的なゲーム性に大きく舵を切ったこのシリーズですが、日本はもとより世界的にもファンの皆さんから大きな称賛をいただきました。今作もそのコンセプトを引き継ぎ、さらに磨きをかけてお届けします。従来のシリーズを全く知らなくても100%楽しむことができますので、オープンワールドRPGとしてぜひ手に取っていただきたいと思います。もちろんシリーズ経験者は120%楽しめますよ。

(c) 2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft and the Ubisoft logo are registered or unregistered trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries

関連リンク

アサシン クリード オデッセイ

『デジモノステーション』2018年11月号より抜粋。