高強度の梁で柱や壁のない大空間リビングを実現。積水ハウスが“脱LDK”の新コンセプトモデルを発表

積水ハウス株式会社は、戸建住宅の新コンセプトモデル「IS ROY+E Family Suite(イズ・ロイエファミリースイート)」を2018年10月3日に発売開始した。

本モデルでは、L:くつろぎ、D:食事、K:調理といった単機能から考える「LDK発想」から脱却し、柱や壁で遮られることのない大空間リビングが中心となる住まいづくりのことを指すそうだ。

なぜ従来のLDKと異なる住まいづくりでないといけなかったのかを実際に建築されたモデル棟に行って取材してきた。

そもそも「LDK発想」というのは、寝食分離を目指した戦後のDK(=ダイニングキッチン)プランに始まり、その後L(=リビング)が加わって現在に至る。「LDK」が誕生しすでに半世紀以上経ち、家族の暮らしが変化している今、住まいは「LDK発想」のままでいいのかという疑念から、家族の集う空間である”リビング”に着目したと同社はいう。

積水ハウスが行った調査では、ファミリー世帯が最も重視する時間は「家族だんらんの時間」である一方で、リビングでは家族が“一緒”に居ながら“それぞれ”が個別にやりたいことをするケースも多いという結果が出たそうだ。

“一緒に居て、一緒にする”、“一緒に居ながら、思い思いに過ごす”といった家族一緒のどんなシーンでも対応できるリビングを考えると、従来の「LDK発想」では限界とし、これからはDもKも含めてそこでの過ごし方を縛らない多用途空間が必要だ。そこで、家族の気配を感じられるような「仕切りの排除」と、思い思いの行為を干渉されにくい「広さの確保」が両立された大空間リビング「ファミリースイート」を誕生させた。

実際にそのモデル棟に足を入れてみると、広い空間でありながらどこにいても誰かがいる気配が感じられた。個人的には、従来の壁で仕切られた部屋も好きだったが、家族みんなの気配を感じながら、自分の好きなことをするのもいいかもしれない。

 

この「ファミリースイート」を実現できた最大の要素は、従来比約10倍の強度を持つ大断面梁「ダイナミック・ビーム」。従来の家屋の場合、構造上柱が必要となるが、この梁を2本用いることにより、30~40坪の住まいにも最大スパン7mの大きなワンルーム空間を構成できるようになった。その結果、置き家具の配置や大きさに制限がなくなるだけでなく、リビングとダイニングの位置関係を変更することさえ可能に。

また、本モデルは構造がシンプルであることから、リノベーション時の制約が少なく、将来のリフォームの設計変更などにも対応できるのも特徴である。

「IS ROY+E Family Suite(イズ・ロイエファミリースイート)」のモデル棟。

本モデルの価格は3.3㎡あたり69.5万円から(本体のみ/税抜)、沖縄県を除く全国で販売される。

関連サイト

積水ハウス