通いつづけて30年!厳選32店舗収録の「神保町カレーMAP・決定版」を見よ!!【世界一美味しいカレーが食べたい】

世界一のカレー街が根城なので……
毎日がカレーグランプリです!

カレー好き、本好きが昂じて、神保町に通うこと30年。スタジオを構えて9年の本誌カメラマンが、実際に食いも食ったり神保町のカレー40食超!そこから選んだ極私的カレーマップ愛蔵版。さあ、日本一ディープでカレーなる街、神保町界隈を食べ尽くせ!

カレーの街の住人が送る、毎日がカレー曜日!

神保町へ通いはじめたのは高校1年生、目的は古本だった。趣味の音楽や映画、アート系の書籍から、小説、漫画本を金もないので、主に100円ワゴンセールなんかから掘り漁り、手にした本数冊を持って、やがて喫茶店に入り浸るようになるのだが、その段に至る頃には、街に点在するカレーを扱う店の多さにも気づいていた。

世の若者の常でカレーが好物だったし、常食ではあったが、それにしてもどの路地にも漂うスパイスの香り、カレーの香り。出入りしている喫茶店もどこでもカレーを扱っている。ぶらつけばいつまでたっても知らないカレーに遭遇し、食べ尽くせないでいた。

食べ尽くしてやる! と鼻息荒く挑んでみたことはないにしても、不思議ではあった。そうこうしながら時が経ち、結局大好きなこの街の大学に進み、巡り巡って今のスタジオも神保町界隈に構えている。高校生から数えて30年が経とうとしている。

その間、街はいろいろなものが劇的に変わったし、古本屋は激減、チェーン系飲食店が跋扈している。それでもあまり変わらないのは、あいもかわらずカレー屋が多いということ。

老舗はさらなる老舗となり、新規店はしのぎを削りあい、喫茶店カレーは相変わらずだ。やはりどこまでいっても食べ尽くせそうにない。狭い街なのになんなのだろうか?

神保町は地下でインドとつながっていて、水脈からカレーが湧き出してくるとでもいうのか? その井戸、自分のスタジオにも引き込みたいものだと、スパイス中毒の脳で夢想してみる。

冗談はともかく、日々食しているこの街のカレーにあらためて四つに取り組んでみた。もとより格付けなどは恐れ多く、しかも野暮だから、ただただ食べることで新たに何かを掴もうと巡り歩いた。2週間で40店超。それでも網羅には程遠い。

そして結局、この街の”カレーなる謎”が、無情に大きくなっただけであった……。

↓各店舗の住所をクリックすると、Googleマップで所在地を確認できます!

 

1. 紅茶専門店
セイロンドロップ

東京都千代田区西神田2-8−9 立川Aビル1F

スリランカカレーランチ/紅茶付
950円

都内でも珍しい、スリランカ人が営むスリランカ紅茶専門店。カレーも看板メニュー。島国スリランカのカレーは、かつお節など魚のダシがベースで日本人にも自然にフィット。