キャンパーの本領を発揮!パラコードつきiPhoneケースを自在にアレンジして、自分だけのオリジナルケースを作ろう

先日当サイトで紹介した、アウトドアシーンでの使用を想定して作られたiPhone XR用ケース『NESTOUT TREKKING(ネストアウト トレッキングモデル)』。登山用ザックのショルダーストラップに取り付けられるなど、本格的なトレッキングでも活躍してくれそうな仕組みが満載のプロダクトだ。

そして今回紹介する同シリーズの『NESTOUT FES&CAMP(ネストアウト フェスキャンプモデル)』(3218円)は、よりカジュアルなアウトドアシーンや日常生活での使用にもぴったりなiPhone XR用ケースである。

『NESTOUT FES&CAMP』の最大の特徴は、パラシュート用のナイロン製の紐“パラコード”が背面に用いられていることだ。スマホの落下防止のために指を通して使うもよし、紐を緩めてモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くもよし、使う人の数だけ活用方法が考えられるだろう。

例えばこちらは、別売りの紐とカラビナを組み合わせて “ソロモンステッチ”と呼ばれる編み方を応用したカスタマイズ。手を通してグリップ力を向上させるだけでなく、カラビナを使って好きな場所にぶら下げておける利便性も実現している。機能と見た目の独自性を兼ね備えたオススメの活用法のひとつだ。

もちろん市販品を購入することなく、本体単体でもさまざまなカスタマイズが可能。上の写真は、“よろい結び”をアレンジしてパラコードの途中に輪を作りフィンガーリング仕様にした活用法。これなら特別な技術が必要なく、誰でも簡単にチャレンジできるはず。

そしてもっとシンプルなのが、パラコードを解いてネックストラップにする活用法。コードロックで長さを調整できるのもグッドポイントだ。このように結び方を変えたり、長さを変えたりして、用途に合わせたアレンジができるのが『NESTOUT FES&CAMP』の面白い特徴である。

カラーは、ブラック・グレー・ブルー、オレンジの4種類。少しくすんだ色合いが、アウトドア好きの心に刺さりそうだ。また本体はデュアルレイヤー方式を採用した耐衝撃設計になっているから、普段使いだけでなく、“フェス”や“キャンプ”などの屋外でも安心して使用していただきたい。

関連サイト

NESTOUT FES&CAMP