カレーは今、大阪がアツい!「間借り」のお店はなぜこんなに美味いのか【大阪カレー紀行1】

美味しさの震源地 魅惑の大阪カレー紀行


ここ数年ブレイク中という大阪のカレーブームを調査(食べたいだけ)!食通としても知られるクリエイティブディレクターの梶原さんから、大阪発ニュースタイル「間借り」のお店が美味すぎる理由とともにオススメの3店舗を聞き取材班は一路、大阪へ! 関西という土地ならではの人情と、自由なカレー文化に触れた「大阪カレー紀行」を届ける。

【Profile】
梶原由景さん:クリエイティブディレクター
幅広い業界にクライアントを持つクリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表。デジタルメディア「Ring of Color」などでオリジナルな情報を発信中。

大阪のカレーブームを牽引する「間借り」スタイルの魅力に迫る!


今回のカレー特集を制作するにあたり、本誌で好評連載中「梶原メシ!」にておなじみの梶原由景さんからアドバイスをいただいた。すると、連載でも触れられている通り、いま大阪ではスパイスカレーが熱いのだという。その人気を支えているのは、「間借り」「ヤドカリ」なるシステムだ。

「夜のみ営業するバーなど、昼間は店舗を使用していないときに場所を借りて、カレーを提供するスタイルのことです。大阪ではかなり前からあったと思いますが、代表店が出てきたり目立ったりするようになってきたのは、ここ2、3年。メリットとしては、開店資金などの初期投資を抑えて腕が試せるために出店のハードルが下がり、大阪では多様なカレー文化を支えています」

なるほど、店舗の営業形態が一風変わっているのがポイントのようだ。しかし、それだけでカレームーブメントが起こるものなのだろうか。その理由を、梶原さんは続けてこう話す。

「とにかく営業を始めるためのハードルが低いため、『友達に料理が上手いと言われるので試してみたい』という、プロではないけど料理自慢の腕利きが次々と出店しているという状況です。全てのお店が美味しいわけではありませんけれども、それぞれに個性が際立っており、特徴的なのも楽しいところ。その結果、とんでもない層の厚さを形成しており、昨今のカレー文化は大阪が東京を凌駕していると言えます」

そこまで言われたら、もう居ても立ってもいられない。いざ東京から大阪行きのスケジュールを組むため、梶原さんにオススメの3店舗を挙げてもらった。

  • photo利根川幸秀
  • 出演&コメント梶原由景