ビール好きなら絶対外せない。SVBのフラッグシップ『496』が持つ“究極のバランス”

多くの場合「個性的」であることは突出した特徴や性質が極まるあまり、アンバランスさと表裏一体の関係にあるものだ。だがもしも、その人やモノを形作るパラメータが高いレベルでほどよくまとまっていたとしたら、それはそれで「バランスが良い」というひとつの個性と言えるはずだ。

日本のクラフトビール・シーンを多彩なラインアップで牽引する「スプリングバレーブルワリー」のフラッグシップ・ビール『496(ヨンキューロク)』は、まさにクラフトビールの持つ様々な個性をバランスよく備えた一杯である。