鳥取県民がカレーを愛する理由とは?カレー史やご当地カレーをぜーんぶ見せます!【カレー王国・鳥取】

らっきょうの生産高も全国トップクラスです。
鳥取がカレールウ消費量日本一な理由

歴史を紐解けば理由がわかる——。今も昔もカレーを愛する鳥取人の「カレールーツ」とは?

鳥取の人たちがカレー好きなのには諸説あり!?

そもそもなぜ、鳥取の人たちはカレーが好きなのだろうか。その質問を市民に投げかけると、多くの人が「鳥取は夫婦共働きが多いから」と答える。さらには「らっきょうの生産高が全国トップクラスなので」とも。

この疑問を調べるうちに、興味深い情報を得た。地域食文化の研究を行う、鳥取情報文化研究所の植田英樹所長によると、「鳥取市民はケチャップやソース、コーヒーなど、味に変化が加わるものを好む傾向にあり、それら食材や調味料の消費量も全国の上位に位置する。カレーは個性的で、味が明確なことが好まれるのでは」と、分析する。

【Profile】
カレー専用米のプリンセスかおりにはプレミアムな食材としての期待があります

植田英樹所長:鳥取情報文化研究所/仕掛け人
大手出版社で勤務後、地元鳥取県での情報発信を行うスペシャリスト。食と文化によるイベントや、メディアプロモーションを手がけ、ラジオでも活躍する。

手軽なカレーが共働きの家庭で重宝されてきたというのも確かで、味の変化を好む県民性も事実。いづれにせよ、鳥取県民とカレーは、切っては切れない関係にある。

そんなカレー大好き鳥取県で今、注目を集めているのが「純・サバカレー(鳥取市・鳥取だいぜん)」。日本海に面した水産大国でもある鳥取県では、鯖の消費量が全国トップクラスという、カレーに負けず劣らず鯖も好き。とりわけ塩鯖には強いこだわりがあり、それならばと、鳥取県の2大フードを合わせたのが純・サバカレー。

鳥取だいぜんの藤木巧代表は、地元の食材に強いこだわりを持ち、看板メニューでもある純・サバカレーはオール鳥取で仕上げている。このカレーにカレー専用米「プリンセスかおり」を使ったプレミアムメニュー作りにも挑戦しており、「鯖の香りと良く合う」とのこと。近い将来、鳥取だいぜんでスペシャルな一品が食べられるかもしれない。

【Profile】
カレールウにも鯖が使われているから「純」です

藤木巧代表:鳥取だいぜん/トレンドメーカー
鳥取ご当地カレー、純・サバカレーを手がける居酒屋・鳥取だいぜん(鳥取駅すぐ)。TVで取り上げられるとその人気が加速、一気にブームとなった。

【DATA】

居酒屋・鳥取だいぜん(鳥取県鳥取市栄町715番地/0857-27-6574)
純・サバカレー
レギュラーサイズ 799円、ダブルサイズ 999円(写真)

ジューシーな塩鯖の竜田揚げ、色あざやかな地元野菜のトッピングが食べて美味しい、見てうれしい。カレールウにも鯖が使われており、ひと皿すべてに鯖を盛り込んだ究極のカレー。

鳥取カレーの発展に欠かせない英国人陶芸家のひと手間カレー

今なお語り継がれる バーナード・リーチの教え

鳥取県とカレーを歴史的に遡ると、ひとりのイギリス人にたどり着く。柳宗悦などと親交があった陶芸家、バーナード・リーチは、しばしば鳥取に滞在していた。

【Profile】

バーナード・リーチ/Bernard Howell Leach:1887年1月5日〜1979年5月6日
イギリス人陶芸家。幼少期を日本で過ごし、学生時代にロンドンにて高村光太郎と出会い再度来日。柳宗悦の協力を得て陶芸家となる。その後、日本とイギリスのほか、アメリカやカナダにも渡り、陶芸を広めた(写真はウィキペディアより)。

その時に地元の人たちに請われて教えたのが、海老を使った味噌を隠し味にしたカレーと言われている。そもそもイギリスはカレー粉を生んだ国なので、当時のバーナード・リーチが鳥取の人たちにカレーを伝えていても、なんら疑問はない。

また、戦後GHQ占領時の日本において、中国四国地方は連合軍でもあったイギリスの管轄下にあり、イギリス領インド軍が鳥取に一定期間駐留していた。折しもバーナード・リーチが日本で活動していた時期と重なり、両者が鳥取県のカレーに何かしらの影響をもたらした可能性は大いにある。

【DATA】

アジアンリゾートラウンジ 陶庵(鳥取県 鳥取市 湖山町西 4-110-5 鳥取砂丘コナン空港 2F/0857-31-0007)
海老のココナッツミルクカレー
1200円

海老のエキスをふんだんに使った、アジアンリゾートラウンジ 陶庵の看板メニュー。芳醇かつ濃厚な味わいが歴史以上のインパクトを与えてくれる。プリンセスかおりとの相性も抜群だ。

リニューアルした鳥取砂丘コナン空港で
プリンセスかおりを使ったカレーが食べられる!

そんなバーナード・リーチが伝えたかもしれない海老を使ったカレー、そしてグリーンカレーの両メニューともに、プリンセスかおりを使ったレストランが、鳥取砂丘コナン空港内にある。

アジアンリゾートラウンジ 陶庵では、地元の陶芸家・アーティストの作品を展示しており、食と芸術の両面から訪れた人を楽しませてくれる。空港内というアクセスの良さはピカイチ。陶芸やカレーファンはもちろん、名探偵コナン好きにもぜひ立ち寄ってほしい場所だ。

【DATA】

アジアンリゾートラウンジ 陶庵(鳥取県 鳥取市 湖山町西 4-110-5 鳥取砂丘コナン空港 2F/0857-31-0007)
グリーンカレー
980円

スパイシーなグリーンカレーに、香り豊かなプリセンスかおりを添えた、どちらも主役級のひと品。個性が強い両者が絡み合い、お互いを尊重した仕上がりになっている。

こちらも見逃せない鳥取砂丘近くのアジアンカレー

鳥取に行ったらぜひとも訪れたい定番の観光スポット、鳥取砂丘。その砂丘と、隣接する日本海を眺めながら食事ができるアジアン料理店、アイワナドゥ岩戸が人気だ。場所は鳥取砂丘の駐車場から車ですぐ。

メニューは地元の食材にこだわっており、「黄金比率の鉄道カレー」「タイチャーハン」はプリンセスかおりを使用している。料理もさることながら、店内の雰囲気がおしゃれかつ居心地よく、ロケーションも◎。アジア民芸も販売している。

【DATA】

アイワナドゥ岩戸(鳥取県鳥取市福部町岩戸276/0857-75-2090)
黄金比率の鉄道カレー
980円

スタッフがタイ東北部で旅した時に出会ったという、鉄道駅のカレーを再現。生クリームと溶き卵が、鋳造皿の中で絡み合う。プリンセスかおりの香り、食感もエッセンスに。

タイチャーハン
840円

プリンセスかおりを使ったチャーハンも絶品

うれしい番外編 鳥取お取り寄せカレー

レトルトカレーの種類が豊富なのも、鳥取の魅力のひとつ。ご当地カレーの種類も多く、鳥取の食材にこだわったものに注目が集まる。

みかん亭の「恩田さくら和牛ビーフカレー」は、南部町のふるさと納税の返礼品としても人気が高いレトルトカレー。開発者の漆原文男さんは、地元の食材と厳選されたブランド牛、恩田さくら和牛にこだわった製品作りをしている。

みかん亭
恩田さくら和牛ビーフカレー5食セット 中辛3食、辛口2食(1食、200g)
840円

化学調味料不使用、香り豊かなオリジナルスパイスの調合した恩田さくら和牛のレトルトカレー。パッケージにもこだわりがあり、鳥取の情景を施している。

また、鳥取カレー研究所が手がける「鳥取カレーの素」も見逃せない。こちらは粉末状のカレールウで、鳥取土産としても人気がある。どちらも厳選された材料を使っており安心。鳥取カレーはお取り寄せでも楽しめる。

鳥取カレー研究所
鳥取カレーの素(左)1袋120g入り(約5人前)
600円

プレミアム 鳥取カレーの素(右)1袋120g入り(約5人前)
600円

鳥取県の名産品、二十世紀梨、砂丘らっきょう、砂丘ごぼうを使用したカレールゥ。キャッチコピーは「県民のための総合調味料」だが、全国的な人気がある。

鳥取カレーあるある
1.カレーに梨を入れる

20世紀梨の生産量が日本一の鳥取県では、カレーの中に梨を入れる人が多い。隠し味でコクが出る、まろやかになる。

2.ご飯だけ持っていく給食があった

かつて鳥取県では給食に炊いたお米だけを持っていく「米飯給食」なるものがあり、おかずにカレーが出ていたとのこと。

3.鳥取県民にらっきょうは欠かせない

カレーの付け合わせは福神漬けよりもらっきょう。砂地栽培の「鳥取砂丘らっきょう」が有名で、県の特産品にもなっている。

4.飲んだあとの締めはカレーうどん

やまいち(鳥取県鳥取市末広温泉町159/0857-23-0098)
カレーうどん

鳥取駅近く。地元のローカルが立ち寄る居酒屋、やまいちでは締めのカレーうどんが人気だ。ここを知っておけばあなたも鳥取通!

【世界一美味しいカレーが食べたい】

パパもママも子どもも、そしておじいちゃんもおばあちゃんも、みんなカレーが大好きです! たぶんカレーが嫌いな人なんてこの世にいません(断言)。本誌スタッフも当然全員カレー好き。でも、うちは残念ながら食の雑誌ではないので、「このカレーが星3つ」とは決められません。なので、本誌スタッフ全員、自分にとっての世界一美味しいカレーを探しました。皆さん、ぜひこの特集を読んだ後、その舌で確かめてみてください。今回紹介する世界一美味しいカレーの数々を。

『デジモノステーション』2018年12月号より抜粋。