懐かしの“PDA”がよみがえる!? 音声通話可能な物理キーボードつき端末『Cosmo Communicator』

今では見かける機会の少ない、キーボードを搭載した携帯情報端末(PDA)。しかし、そんな時流に逆らうように誕生した『Gemini PDA』は、往年のガジェットマニアの心を大きく揺さぶる存在となった。そして同機を開発した「Planet Computers」から、新たなキーボード付き小型端末『Cosmo Communicator』がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で発表された。

『Cosmo Communicator』は、5.99インチ/2160×1080ドットのタッチスクリーンディスプレイを搭載した小型端末。本体を開けば、バックライト付きのキーボードでガシガシと文字入力ができる。OSにはAndorid 9 Pieを採用し、さらにLinuxもサポート。ドキュメント制作からメディア視聴まで、幅広く活躍してくれる端末なのだ。

LTE通信にも対応するデュアルSIMスロットを搭載し、端末単体での音声通話も可能。本体サイズはW17.14×D7.93×H1.6cm、重量は約320gとスマートフォンとしてはかなり大柄だが、通話する姿はそれほど不自然ではない。

本体背面に2インチディスプレイを採用し、電話やメールの通知を表示可能にしている。同じく背面には、指紋認証と通話応答機能を兼ね備えたセンサーも用意。

2400万画素のアウトカメラ、500万画素のインカメラ、4220 mAhの大容量バッテリー、microSD用の拡張スロットも搭載されており、こうしてみると『Cosmo Communicator』はスマートフォンとしての性能も十分に兼ね備えていることがわかる。

『Cosmo Communicator』のプロジェクトはすでに資金募集に成功しており、現時点では569ドル(約6万4000円)にて入手可能。製品は2019年5月の出荷を予定しており、日本への配送にも対応している。

関連サイト

Cosmo Communicator