温かみある「新幹線の木製おもちゃ」。プレゼントにも訪日観光客土産にも喜ばれるはず

これは秀逸なディフォルメ。日本の子どもたちに大人気の新幹線をもとに、手のひらサイズの木製玩具として作り上げられた「moku TRAIN(モクトレイン)」シリーズ。全国に48店舗を展開し、鉄道模型を中心に鉄道関連の書籍やグッズの販売、買取を行う「鉄道模型の店ポポンデッタ」が2018年12月に販売を開始する。

ポポンデッタはNゲージ、HOゲージなど本格的な鉄道模型の取扱で有名だが、同社社員が娘さんに贈りたいとして開発に着手したのがこのmoku TRAINシリーズ。ヨーロッパでは、小さな子どもの最初のおもちゃとして木製玩具は人気があり、森林大国の日本でも近年「木育」として木のおもちゃが見直されてきている。

moku TRAINシリーズの第一弾としてラインナップされたのは、鉄道模型のエキスパートであるポポンデッタならではの「新幹線」5種。E5系新幹線はやぶさ、E6系新幹線こまち、ドクターイエロー、E7系新幹線かがやき、N700A新幹線のぞみという顔ぶれは、子どもも親も、おじいちゃんおばあちゃんも一度は見たことがあるおなじみのものばかりだ。