防災にもアウトドアにも! 水を用意するだけで使えるLEDランタン型発電機

災害時、スマホの電源が切れることはかなりの痛手だ。

外部バッテリーを持っていても、使わない間に自然放電し残量がほとんどなくなっていたり、液モレでバッテリー自体が故障しているかもしれない。仮に一度使えても、停電だとバッテリーを再充電するチャンスすらない可能性がある--。

そこで紹介したいのが、10年以上保存することができ、水と塩を用意するだけで電気を生み出すことができる『マグネ充電器』だ。マグネ充電器は、塩水とマグネシウムの化学反応で発電を行い、LEDランタンとしても、USB端子搭載の外部バッテリーとしても使えるユーティリティガジェットである。

使い方はいたって簡単。付属品以外で用意するものは水だけだ。

(1)塩を入れる

(2)水を入れる

(3)棒を入れる

(4)フタを閉める

付属の塩袋には、発電に必要な15gちょうどの塩が入っているが、この袋がなくても本体上ブタのくぼみに塩を入れてすり切れば15gになる。その後、2つのタンクに水を注入し、付属のマグネシウム棒を挿してフタをし、上ブタのゴム栓を開けて待っていれば準備はOKだ(USB充電器として使うには15分程度必要)。

照明は「前照灯(弱)」「前照灯(強)」「周囲灯」の3モード。1本のマグネシウム棒で24時間以上連続使用でき、高い防水性能(IPX6)や携帯性を持つマグネ充電器は、アウトドアでの利用にもオススメしたい。

付属のマグネシウム棒4本で、ランタンとしては約96時間以上使うことができ、スマートフォン約10回相当(1台2,500mAhとした場合)を充電することができる。メンテナンスもしやすく、水が用意できない緊急の場合には、海水や尿で代用することも可能だ(発電能力は劣る)。非常時にも日常でも、アウトドアでも防災備品としても使える頼もしい充電器、我が家にも備えておきたい。

サイズ:高さ206.5mm 直径86mm
重量:約415g(注水前) / 約775g(注水後)
明るさ:前照灯 強130lm、前照灯 弱70lm 、周囲灯100lm
総発電量:35Wh/1本×4本=140Wh
出力電圧・電流:DC4.5V~5.4V/200~500mA
注水量:180ml×2 合計360ml
必要塩分量:15g×2 合計30g 同梱の塩入袋には1袋あたりクエン酸4gを配合 ※クエン酸は洗浄しやすくするために配合
USB:1ポート DCPモード
防水性能:IPX6
使用温度:-5度~45度
保存温度:-15度~70度 ※未開封の場合
内容物 :本体、マグネシウム棒4本、塩袋8袋
取扱説明書(日本語・中国語・英語)/保証書
発売日 :2018年11月27日
価格:オープン
正規取扱店:「APPBELL

関連サイト

STAYER
マグネ充電器 紹介ページ