「スマホやパソコンに保存しておけば安心」は幻想?オンラインとオフラインの境界線を考える

「Windows 10 October 2018 Update」騒動が与えたインパクト

「デジタル遺品には、オフラインのものとオンラインのものがあります。故人がスマホやパソコンに保存してある写真や文書はオフライン、SNSに投稿したものやネット口座の契約などはオンラインです――」

筆者はセミナーなどで、デジタル遺品についてそんな感じの説明をよくしている。しかし、ちょっと変えたほうがいいかもしれないと、不安になる出来事があった。

2018年10月のWindows 10アップデートの適用により、「ドキュメント」や「ピクチャ」などに保存したファイルを失ったという報告が相次いだ騒動だ。事態を把握したマイクロソフトはすぐに調査と復旧の道筋を探り、現在はこのトラブルに遭遇する心配はない。被害にあったのも、手動でいち早くアップデートを試そうとしたうち様々な条件が重なった0.01%のユーザーに留まるという。

とはいえ、オフィシャルなオンラインサポートによってオフラインの領域が脅かされる可能性を現実化したインパクトは小さくないだろう。

「オフラインはいわば家の中。本棚やタンスの中身みたいなものです。オンラインは家の外。会社にある私物であったり、スポーツジムの会員権だったりというイメージです――」

冒頭に続けてこういう説明を添えることが多い。この例示に合わせると、マイクロソフトの騒動は、家の管理会社が室内をメンテナンスする際に誤って家具を捨ててしまったという状況に近い。

筆者がプレゼンでよく使うデジタル遺品の概念図。端末内のオフラインデータは家の中、オンラインデータや契約は家の外という表現をしている。

ただ、デジタル機器周りをよくよく考えてみると、OSのアップデートにより「家」の内装が急に変わって見覚えない道具が増えていることは普通によくあるし、マルウェアなどの被害に遭って「家」に泥棒に入られたというニュースも珍しくない。よくよく考えてみると……

 オフラインとオンライン。
 家の中と家の外。
 所有物と借り物。

そもそも、両者の境界というのはそこまで絶対的なものではないんじゃないか?

廃仏毀釈に負動産、サブスクリプション…
「手元にある所有物」という幻想