柚子と山椒が香る和のビール。SVB『デイドリーム』なら寿司やおせち料理にも合う!?

2018年のビールにまつわる大きなトピックのひとつに、4月に行われた副原料の規制緩和がある。これによってより幅広いテイストのビールを楽しめるようになったわけだが、日本の酒税法上で“ビール”とされない変わった副原料を用いた製品も、世の中には数多く存在する。

「スプリングバレーブルワリー」(SVB)のホワイトビールタイプ『デイドリーム(Daydream)』もそのひとつだ。副原料としてゆずピールと山椒が使われ、和食にもよく合う“ジャパニーズホワイト”と呼ぶべき味わいに仕上がっている。

なんと、お寿司にもマッチしちゃった!