買ってよかったNo.1家電はスマートスピーカー『Echo Spot』!生活に欠かせないパートナーに【2018年末・自慢の家電ランキング】

【年末までに買って間違いない自慢の家電ランキング】

近年、魅力的な家電が続々と登場しています。それらに最も詳しいのが日々家電製品の取材を行い、検証しているこちらの18人の家電のプロたち。今回は彼らが実生活で本当に使っている『自慢の家電』をランキング形式で見せびらかします。今回は他媒体を率いるキーマンも友情執筆。これぞ“真に買って間違いない家電”カタログなのだ。

おはようからおやすみ、引きこもりからアウトドアまで
スマート家電で「不便」を解消し新しいライフスタイルを構築

【Profile】
山下達也さん:ジアスワークス デジタルグッズライター
PC、スマホ、カメラ、AV機器などから家電製品まで、“電気で動く”あらゆるモノを対象としたデジタルグッズライター/編集者。本誌には創刊号から参加。マニアではない“フツーの人”にどういう価値があるかを重視してセレクト、執筆することをモットーとしている。モノ以外にもICT分野やオタクサブカル分野でも活動中。

Ranking.1
ディスプレイがついたことでスマートスピーカーはさらに使いやすく

アマゾン
Echo Spot
実勢価格:1万4980円

2.5インチのタッチスクリーンを採用し、時計や天気、レシピなどが表示できるスマートスピーカー。もちろん音声操作にも対応。Skillの追加で機能を増やせる。

ちょうど1年ほど前に国内でもブームが起きたスマートスピーカー。「もう飽きちゃったよ」という人も少なくないとは思うのですが、我が家では生活の要所要所で、なくてはならない存在になっています。

朝は「Alexa、おはよう」で寝室の明かりが付き、今日の天気とニュースを読み上げてくれます(定型アクション機能を利用)。仕事部屋に入ったら音声コマンドでラジオや音楽を再生。夜にリビングで映画を観るときは「Alexa、映画モード」と言うだけで照明が薄暗くなるようになっています。就寝時は「Alexa、おやすみ」と言えば、家中の電気がオフになり、玄関の鍵もロック。

もちろん、翌朝のアラームも音声コマンドで設定できます。リモコンを見失ってあたふたしたり、電気を消すために布団から出る必要がないのは最高ですね。先日は、出張先のホテルでうっかり「Alexa、おやすみ」と口走ってしまい、布団の中で苦笑いしました。

なお、数あるスマートスピーカーの中からAmazonの『Echo(Alexa)』を選んだのは、Amazonプライムビデオやプライムミュージックなどを既に愛用していたため。また、対応スピーカーもAlexa陣営の方がバリエーションが多く、ライフスタイルに合わせて選べるのが魅力的でした。

今、一番気に入っているのは寝室に置いてるモニタ付きの『Echo Spot』。音声でのやり取りが基本とは言え、やっぱり情報を画面で確認できるというのは便利です。さらにカメラも内蔵されており、遠隔でスマホから室内の様子を動画で確認できるなどといった機能まで付いています。監視カメラ的にも使えちゃうんです。

ただし、こうした生活を実現するためには、家中の照明をスマート電球に差し替えたり、玄関にスマートロックを装着したり、各部屋に「Echo」を置かねばならならないなどわりと投資が必要。でも、個人的には大満足です。

Alexaの機能ではありませんが、人感センサーで自動的に照明をオン/オフする仕組みも構築しました。今後はリモコン制御などにも挑戦し、さらなるスマートホーム化を進めていきたいですね。

Ranking.2
カセットボンベでも使える持ち運びできる冷蔵庫

ドメティック
ACX35G
実勢価格:4万8350円

AC100V、DC12V、カセットボンベの3Wayで食材を冷やせる冷蔵庫。庫内容量は31Lで、大きなペットボトルや食材をたっぷりと冷やしながら運べる。

 
ここ数年、本誌でもテーマになることが多い「アウトドア」。長年、引きこもりだった私ももろに影響を受けて、20年以上ぶりにキャンプに出かけるなどしています。そんな私が今、最強のキャンプグッズとして推したいのがこちら。