担当ライターが独断で選ぶ!おすすめ海外ドラマランキング【2018年・間違いない10本】

いよいよ年末! 2018年に『この海外ドラマが間違いなし!』で紹介した中から、とくにオススメの作品をカウントダウン形式で振り返っていくぞ。年末年始に観る海外ドラマの参考にしてほしい。

10位『CHUCK/チャック』

マジ半端ないって!冴えないオタクどころか聖人君子なんだもん!

家電量販店で働くオタク青年が、ひょんなことからCIAとNSAのエージェントと共にスパイとして活動することになる人気コメディ。主人公チャックは“ごく普通の冴えないオタク”と紹介されることが多いが、実は人望があり器の大きな青年である。

9位『死霊のはらわた リターンズ』

30年経ってもアッシュのアホっぷりは健在!

『スパイダーマン』サム・ライミ監督のデビュー作が、ドラマになって復活!おバカで性格の悪いヒーローが、文句を言いながら死霊相手に格闘する大人気ホラー・コメディだ。主演のブルース・キャンベルは、ライミ監督の古くからの友人。

8位『ライドwithノーマン・リーダス』

憧れのイージー・ライダー的バイク旅、Huluで楽しめます

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』でダリルを演じるノーマン・リーダスは、バイク愛好家。旅番組『ライドwithノーマン・リーダス』では、まるで『イージー・ライダー』のように全米各地をバイクで走り回る。最終回には、“リーダス憧れの人”ピーター・フォンダがゲストで登場。

7位『マインドハンター』

デヴィッド・フィンチャーが描く“伝説のプロファイラー”の回想録

元FBI特別捜査官ジョン・ダグラスの同名著書を、『セブン』『ゴーン・ガール』のデヴィッド・フィンチャー監督によってドラマ化。他のFBIモノに比べてアクションシーンは少ないが、異常犯罪者に1対1でインタビューを行うシーンの緊張感がすごい。

6位『コミンスキー・メソッド』

マイケル・ダグラス74歳、男前。歳をとるって案外悪くない!?

オスカー俳優のマイケル・ダグラスとアラン・アーキンが贈る、豪華ドラマ。のんびりとした平和なシニアライフを送るはずだったのに、人生の荒波は絶え間なく押し寄せる。“老い”がテーマだが、ブラック・ユーモア満載で終始明るいムード。