学校から企業研修までひっぱりだこ!松竹芸能の「笑育」ってなんや?【New wave習い事ガイド】

芸能プロダクションの松竹芸能が学校や企業で実施している「笑育」は、仕事や生活に役立つコミュニケーション力を養成するメソッド。プロの芸人が講師となり、お笑いの現場から生まれた実践的な内容が特徴だ。まずは、都内の小学校で行われた授業を見てみよう。

生で見るお笑い芸人に興味津々!

体育館に集まったのは小学6年生。

そこに、漫才コンビ「セバスチャン」と「じなんぼ〜いず」が登場。(ギャグを交えて)自己紹介をして授業がスタート。

舞台(体育館)の袖から颯爽と登場。小学生が相手とはいえ、プロのお笑い芸人として最初は緊張するのだという。

「僕らお笑い芸人なんですけど、僕らのことを見たことある人なんていますか〜?」

司会役のセバスチャン原田さんが生徒たちに問いかけると、さっそく何人かの手が上がる。「えーっ、ホントに?」「どこで見た?」と少し驚いたように聞くと、生徒の答えは「YouTubeで」。

笑育の授業があることは伝わっており、事前にYouTubeで確認するのは、今どきの小学生らしい。また、「今見た!」と答える生徒もいて、これまた小学生っぽい。

お笑い芸人とコミュニケーションする機会は、普通なかなかなく、子どもたちのテンションが徐々に上がってくるのがわかる。

「授業に入る前にネタをやってもいいですか?」

体育館は拍手で包まれる。じなんぼ〜いずが、童話の「金の斧、銀の斧」をモチーフにした漫才を披露。

この日は、じなんぼ〜いずが「金の斧 銀の斧」をネタにした漫才を披露。生の舞台を初めて見る生徒がほとんどだろう。テレビを通して見るのとは違った魅力を感じたに違いない。

がっつり漫才で小学生の気持ちをつかんだ後は、いよいよ課題に入る。

課題1.あいうえお作文を作ろう

場があったまったところで、いよいよ最初の課題「あいうえお作文」に挑戦する。テレビの大喜利で見たことのある人もいるだろうが、あいうえお作文は、お題の各文字を頭文字にして文を作る遊びだ。文字数に合わせて数人が担当し、最後の文でオチがつくと笑いが生まれる。

たとえば、この特集のテーマ「習い事」なら、こんな具合。

たいして笑えないのはご容赦いただきたいが、大事なのは、あいうえお作文で培われる「連想する力」だ。自由に発想しろと言われても、なかなか難しいが、しりとりのように頭文字が指定されれば、アイデアは思い浮かびやすい。

この日は小学校のある市の名前をお題に、先生や芸人が見本を見せる。そして、生徒たちからお題を募集し、5~6人のグループにわかれて10分ほど考える時間を取って、発表。

子どもたちにしかオチがわからない内輪ネタあり、失敗してしまう子どももいるが、悲壮感はゼロでとにかく楽しそう。これはお笑い芸人を養成する授業ではない。自由な発想で、できれば人を楽しませたいと思う。それが大事なのだ。

STEP1.まずはお手本を見せる

先生と芸人が前に並び、あいうえお作文の例を見せる。とくに打ち合わせはなく、その場で考えて発表する。失敗した、もっと面白いネタを考えたとリベンジで再び舞台に上がる先生方も。

先生もノリノリ

STEP2.お題を募る

生徒たちから5文字前後のお題を募る。先生のあだ名など、お題でも面白いことを言おうとする生徒も(とくに男子)。

STEP3.シンキングタイム

5~6人のグループにわかれ、考えるための時間が10分ほど与えられる。芸人も輪に入ってアドバイス。

STEP4.グループで発表

希望した数グループが前に出て発表。友だちの前に立って面白いことを言おうとするのは、楽しさが最初に来るのだろう。緊張するような様子はなかった。

課題2.漫才に挑戦

笑育は全5回の授業で構成され、生徒たちはオリジナルの漫才作りと発表に挑戦するが、初回でもテンプレートに従った漫才作りを体験する。

漫才には、3つのパターンがあると実演とともに解説され、漫才を作るためのドリルが生徒たちに配布される。3種類のパターンとは、「ズレ漫才」「かぶせ漫才」「勘違い漫才」。たとえばズレ漫才のドリルには、このように書かれている。

穴埋めとなっている数字部分に書き込んでいけば、漫才が完成するしくみだ。そして希望者は前に出て、プロの芸人と漫才を披露。基本は生徒がボケ役で芸人がツッコミ役だが、生徒の希望で逆にしたり、台本もドリルから少し変えたりするなど、かなり自発的に漫才作りを楽しんでいた。

STEP1.漫才の仕組みを学ぶ

実演で、漫才のパターン「ズレ漫才」「かぶせ漫才」「勘違い漫才」の3種類を理解する。理屈で考えるとその違いが難しく感じるが、小学生は直感で理解する。

STEP2.ドリルを穴埋めする

好きな漫才のパターンを選び、配布されたドリルの空欄を埋めていく。芸人に見てもらって感想を求める生徒も。

いいねコレ!

STEP3.プロの芸人と発表

希望する数人が前に出て、芸人のコンビを組んで漫才を発表する。とちったりする場面もあったが、スベりも笑いのうちという意識も浸透しているのだろうか、それがまた笑いを呼ぶ。


“舞台袖”で、芸人とネタ合わせする姿も。気分はもうプロ!

ビジネスの現場でも役立つ
「笑育」誌上ワークショップ

笑育では、「プレゼンテーション力」「発想力/創造力」「論理的思考力(編集力/構成力)」「問題解決力」「コミュニケーション力」といった力が身につけられる。

とくに、コミュニケーション力の向上には即効性があり、IT企業や金融機関など、業種を問わず様々な企業の研修にも採用されている。ここでは、その一部を誌上ワークショップという形で紹介していこう。

課題1.自己紹介に使える「コンパクトにインパクト」

ビジネスや日常生活において、新たに出会う人に良い第一印象を残すことで、コミュニケーションが円滑になる。以下の3つは、芸人がオーディションやテレビ出演の際に実践している自己紹介のメソッド「ギャップ」「誇張」「マニアック」。これらを元に、30秒程度の自己紹介文を作ってみよう。

見た目の印象とは逆のことを言う。たとえばいかにもオジサンっぽい見た目なら、「スイーツと少女漫画が大好きです」、チャラい外見なら「国家資格を3つ持っています」といった具合。ギャップは相手にインパクトを与えて覚えてもらいやすくなる。また、人間の幅も感じてもらいやすい。


ダンディな人が「シャワーは毎日3回浴びています」と言うように、自分の特徴を誇張する方法。ただ注意すべき点は、自分の欠点をそのまま言うのはNG。モテない人が「これまで彼氏がいたことありません」は初対面の人が笑えないからだ。「マッチングアプリはすべて試しました」ぐらいならOK。


自分の好きなもの、得意なものを言う。「ザリガニ好きで100匹飼ってます」といったマニアックさは印象に残りやすい。とくに趣味などない人でも、何かしらのこだわりはある。「目玉焼きにかけるのは塩でも醤油でもソースでもなく、タルタルソースです」なんて小さなこだわりでも人の印象には残る。

課題2.角が立たない「言葉の言い換え」

コミュニケーションで一番まずいのは、怒りなどの感情のままに話すこと。そこで、ネガティブな言い回しをポジティブかつユーモアを交えた言い方に変換する練習をしよう。ビジネスの場で笑わせることまでは必要ないが、よりマイルドになるよう言い換えるだけで、コミュニケーションは圧倒的に良くなる。

【こんな怒りの感情をどう言い換える? 】


たとえば、上の「なんで私なんですか」は、「私でいいんですか?」(視点を変える)、「話を聞いてないだろう」なら、「今、何か楽しいことでも考えてたの?」(ポジティブに変換)などと言い換えられる。正解はひとつではないし、状況や自分、相手のキャラクターによっても最適な言葉は変わってくるだろう。

【子どもをダシに、
2019年は大人も習いたくなる!New wave習い事ガイド】

教育は親の義務とばかりに、わが子を塾や習い事に通わせる親は少なくない。すばらしいことだが、その習い事、本当に子どもは楽しく通ってます? 楽しくやってこそ才能が伸ばせるのが習い事。いや、親である大人こそが楽しいと思えるものこそ、胸を張って子どもに勧められるハズ。そんな視点でニューウェーブの習い事を集めてみた。子どもと一緒に始めるも良し、親が最初にハマるも良し。習いたいと思うのに年齢は関係ないのだ!

『デジモノステーション』2019年1月号より抜粋。