2018年Appleハードウェアを、フィリップ・シラー氏のコメントともに振り返る【とれたてApple最旬情報:2018年ハード総集編】

本連載では、Appleの最新情報を噛み砕いて解説する。第18回は2018年に登場したハードウェアを軸に1年を振り返りたい。
“ーー非常にエキサイティングで、そして、とても忙しい1年だった。開発チームは、我々が愛してやまない、そんな製品を創ってくれたと思っている。”

Apple ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィリップ·シラーは、2018年についてこう振り返る。

”ーーMacはAppleにとって今でも重要な製品だ。新しいMacBook Airのリリースは我々にとっても、お客様にとっても重要なことだったと思う。新しいiPad Proも人をワクワクさせる製品に仕上がった。タブレットサイズのコンピューターで、今まで実現できなかった様々な機能を実装できた。新しいApple Watchも、より健康的な生活を実現する助けになるだろう。お客様からは、「Apple Watchのおかげで命が助かった」「生活の目標値を達成するきっかけになった」など、毎日のように反響がある。そして、iPhoneは、昨年発表したXのテクノロジー、アイデアを、新しいものとして展開できた。次の10年間のiPhone、これが我々に何をもたらすのか、すごく楽しみにしている。”

上半期はiPadと、秋に向けた準備