もちろん新『iPad Pro』購入済み!m-flo ☆Takuが選ぶ2018年のAppleガジェットBEST3

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ?

音楽界きってのガジェットマニアと称される☆Taku Takahashiが、アップルの話題をディープに語る連載。
『iPad Pro』の1TBモデルを購入してドヤ顔中の☆Takuに、2018年に心を躍らせてくれたAppleガジェットBEST3を聞いた。

ドヤ顔で言いたい、2018年AppleガジェットBEST3

──2018年もいよいよ終わり。今年のアップルもいろいろな新製品やサービスを発表してくれましたが、☆Takuさん的にはどのあたりが刺さりましたか? 今年のベスト3を教えてください。

1位は断トツで『iPad Pro』(☆1)でしょう。もちろんゲットしました。11インチモデル、それも1TBモデルです。ジャジャーン!(ドヤ顔で取り出す)。

☆1 新型『iPad Pro』

『iPhone XR』同様、全画面液晶ディスプレイを採用した新デザインモデルが登場。生体認証もFaceIDに変更となった。ほか、USB-C搭載や新型『Apple Pencil』など全面的に進化。11型と12.9型が用意されている。

──前回は「1TBは必要なさそうです」なんて言っていたのに!(笑) どんなことに使っているんですか?

主にプライベートで活用しています。動画を観たり、調べ物をしたり……仕事では、Webサイトの構成を考えるときに手書きで使っています。先代モデルも持っているのですが、新しい『iPad Pro』はApple Pencilがとても良い! 特にペンの側面をトントンと叩くだけで消しゴムモードに切りかわるのが便利。クルッと回してお尻で消せるタブレットもありますが、速度的にはトントンで切りかわるほうが速い。マグネットの充電もパチッとくっついて気持ち良いです。マグネットは強力ではありますが、それでもはずれる時ははずれるので、なくさないよう注意です……。

──とはいえ、そういった欠点が気にならないくらい気に入っている、と?

はい。最近のアップルのプロダクトの中では最高の出来だと思います。ホームボタンがなくなって、全画面表示になったのも良いですし、顔認証もよくできています。今後、これをベースに細かいところが修正されていき、より良くなっていくのではないでしょうか。

──1TBモデルを選んだ理由について教えてください。

後で後悔したくなかったからです。内蔵メモリが1TBモデルだけ6GB(512GBモデル以下は4GB)だということも含め、将来的にどんな使い方をすることになっても対応できるものが欲しかったんです。そして、実は、それと同じ観点で、今、『MacBook Pro』(☆2)の買い換えも検討中。2位はこれです。

☆2 MacBook Pro

毎月、海外出張している☆Takuにとって、制作環境のモバイル化は必至。なお、現在利用中の『MacBook Pro』は今年で3年目。速度不足のほか、USB-Cポートが経年劣化で抜けやすくなってきているのだとか。

──詳しくお話いただけますか?

これは僕だけではなく、業界全体の流れだと思うのですが、曲作りをラップトップで行うことがどんどん増えています。そんな中、最近特にパワー不足を感じることが増えてきていて……利用している音楽ソフトのプラグインがどんどんヘビーになってきていることや、OSの高性能化で重くなってきているのが原因でしょう。

──パワーがほしいということですね。

ですので、次は15インチモデルに4TB SSDを搭載し、CPUもCore i9にして……税込で80万円を超える買い物になりそうです(笑)。

──さっきと同じことを聞きますけど、そこまでして4TBものストレージが必要な理由はなんですか?

音楽を作る際に必要となる音源のデータがとても大きいからです。ラップトップをサブで使うなら最低限使うものだけ入れておけばいいのですが、メインで使うなら全部の音源を入れておきたい。そうするとそれだけで1TBくらいあるので、最低でも2TB、3年使うことを考えると4TBほしいということになります。

──プロならではのニーズですね。では、続いて第3位のプロダクトについて教えてください。

3つ目は『iPhone XS』(☆3)です。この製品は総合力がとても高い。画面は大きいし、カメラも高性能だし、顔認証も便利です。しかし、それらがとても自然に実装されているため、ありがたみを感じられないというのが気の毒なところ。

☆3 iPhone XS

昨年発売された『iPhone X』のマイナーチェンジモデル。☆Takuは『XS Max』を購入している。カメラ機能や通信速度など、多くの点が大幅に強化されているが見た目が前モデルとほとんど変わらないこともあり、そのすごさがわかりにくい面も。

──あ〜、わかります。「普通にすごい」みたいなところがありますよね、確かに。

でも、それって実はとても大変なこと。例えば僕は「メモ」(☆4)機能を多用して、iPhone、Mac、iPadでドキュメントを同期しています。同じことはAndroidやWindowsでもできるのですが、アップル製品はこうした機能を、アプリや周辺機器を追加することなく、簡単に、自然にできてしまいます。こういうところはもっと評価されてもいいんじゃないでしょうか?

☆4 メモ

アップル製品ではiCloudを経由して「メモ」アプリのデータ同期することができる。「OS標準でこういうことができてしまうのが素晴らしい。macOSとiOSとの違いを感じさせないというのはすごいことです」(☆Taku)

──トリプルカメラとか、AIとかそういうキャッチーなすごさではなく、皆が気付きにくい、でも大切な使い勝手を丁寧に向上させているということですね。最後に来年のアップルに期待することを教えてください。

去年は4TBのSSDを搭載したMacBookが欲しいと願って叶ったので、来年は4TBのSSDがもっと安くなることに期待しています(笑)。

☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)/音楽家、DJ。1998年にVERBALとm-floを結成。m-floデビュー20周年となる2018年はオリジナルメンバーのLISAが復帰し、今夏は『FUJI ROCKFESTIVAL 2018』などに出演。先日「MARS DRIVE」「Piece of me」をリリースした。個人では加藤ミリヤ、MINMIなどのプロデュースを務め、テレビドラマ『信長協奏曲』『人は見た目が100パーセント』などの劇伴を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。自身が運営するダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は、開局7年目の今も音楽の新たなムーブメントを発信し続けている。

『デジモノステーション』2019年1月号より抜粋。