ひと味違う個性派ぞろい!『スプリングバレーブルワリー』定番ビール6種を一挙に紹介

東京の代官山、日本ビール発祥の地である横浜、そして京都に醸造所併設の店舗を展開する『スプリングバレーブルワリー』(SPRING VALLEY BREWERY、以下SVB)。新たなビール体験を提案し、イベントなども精力的に開催しているクラフトブルワリーで、店舗ではその時々の季節限定・数量限定ビールも数多く展開する。そんなSVBが通年で取り扱っているのが、6種の定番ビール「コアシリーズ」だ。店舗でできたてが楽しめるのはもちろん、公式オンライン通販でも購入できるこれら6種の個性的なビールを、まとめてご紹介していこう。

絶妙のバランス。SVBのフラッグシップ『496』

ビール好きなら絶対外せない。SVBのフラッグシップ『496』が持つ“究極のバランス”

まずはここから。SVBのフラッグシップ・ビール『496(ヨンキューロク)』。エール、ラガー、IPAといった複数のビアスタイルの特徴を兼ね備えた、ひと月飲み続けても飽きがこないビールだ。クラフトビール入門者にも。

ザ・日本人好みのピルスナー『COPELAND』

「日本ビール産業の祖」の名を冠したクラフトビール『コープランド』が持つ“安定のゼロ地点”感

日本初のブルワリーを作ったアメリカ人醸造技師ウィリアム・コープランドに由来するネーミングの『コープランド』は、日本人が飲み慣れたピルスナースタイルながら「明らかにワンランク上のビール」と実感できる逸品。普段のビールと飲み比べるのも面白い。

冬にピッタリ。甘みとロースト香の『Afterdark』

苦味しっかり。ボディどっしり。飲みごたえの黒ビール『Afterdark(アフターダーク)』

すっきりした後味で、より幅広い料理とのペアリングが楽しめる黒ビールが、この『Afterdark』。やや温めの温度で昼下がりにコーヒーのような感覚で楽しむのもいい。寒い季節にゆっくり飲むのにも最適だ。

小麦香る『on the cloud』はキンキンに冷やして

香草&魚料理に絶対の相性。希少ホップと小麦が香るビール『on the cloud』でふんわり気分

希少ホップ「ネルソンソーヴィン」と小麦を使い、フワフワと柔らかい口当たりに仕上げられた『on the cloud』は、ハーブを使った料理や魚料理との相性が抜群のビールだ。しっかり冷やして楽しみたい。

これぞ和のビール!? 柚子と山椒の『Daydream』

柚子と山椒が香る和のビール。SVB『デイドリーム』なら寿司やおせち料理にも合う!?

『Daydream』は、副原料としてゆずピールと山椒が使われ、和食にもよく合う。特に魚介類や出汁といった和の味わいとの相性が抜群とされ、個性派ながら食中酒として様々なシーンで活躍してくれる。ちょっと贅沢して雲丹や鰻と合わせても!

ルビー色の液色が美しいラズベリーの『JAZZBERRY』

肉料理との相性◎!ラズベリー香るフルーツビールの決定版『JAZZBERRY』

ラズベリー果汁を加えて醸造されたルビー色の液色が目を惹く『JAZZBERRY』。苦味を抑えたテイストなのでビールが不得意な人にもオススメ? 食事と一緒に、あるいは食後のデザート感覚で……と、様々なシーンで活躍してくれる懐の深いフルーツビールだ。

関連サイト

SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)
KIRIN(キリン)公式通販DRINX