電子レンジを併用すれば、ジャンボつくねも生焼けの心配ナシ!【スキレットで始める男メシ:第26回 照り焼きつくね】

キャンプの定番道具「スキレット」は、鉄製の厚手のフライパン。本連載では、スキレットを使った手軽に作れる男メシをお教えしよう。第26回は「照り焼きつくね」を紹介する。

エリンギでつくねに食感をプラス!

料理好きな人なら自分で作るつくねのおいしさを知っているはず。実はスキレットでもおいしくつくねが焼けるのをご存知だろうか?

つくねは鶏のひき肉と調味料さえあれば、少ない食材で作れる。今回は大きなつくねをそのままスキレットで豪快に焼く照り焼きつくねをご紹介しよう。

・鶏ひき肉 200g
・卵 1個
・玉ねぎ 50g
・エリンギ 40g
・片栗粉 大さじ1
・おろししょうが(チューブでOK) 小さじ1
・味噌 小さじ1
・塩こしょう 適量
・ごま油 小さじ1

今回はつくねに食感を出すためにエリンギを使ったが、ほかのきのこでも構わない。いろんなもので代用できるのは家庭料理の醍醐味。れんこんなどの根菜があれば、みじん切りにして加えても良さそうだ。また、玉ねぎでなく青ねぎを使ってもいい。

【照り焼きのタレ】

・しょうゆ 大さじ1/2
・酒 大さじ1/2
・砂糖 大さじ1/2
・片栗粉 小さじ1/2

こちらは照り焼きのタレの材料を混ぜたもの。筆者の実家では祖母の代からこのタレをハンバーグソースとしても使っていて、肉団子などいろいろな肉料理に応用できる。

ひき肉をしっかりこねて電子レンジで加熱

エリンギと玉ねぎは1cm弱のみじん切りにしておく。食材はできるだけ同じサイズに切ることで、火が均一に通るだけでなく、食感もよくなる。続いて、卵を卵黄と卵白に分けておこう。

ボウルに鶏ひき肉、塩こしょうを入れてしっかり練り混ぜる。この「しっかりこねる」というのが大事で、こうすることで焼いたときに肉汁を肉のなかに閉じ込められる。とはいえ、こねすぎると焼いたときに縮むそうなので、30回程度を目安にするといい。

続いて、卵白、玉ねぎ、エリンギ、片栗粉、おろししょうが、味噌、塩こしょうを加えて練り混ぜる。

混ぜ終えたらラップに取り出し、スキレットのサイズに合わせて円盤型にまとめる。大きすぎると焼くときに困るので注意しよう。

あとは、電子レンジで加熱する。加熱時間は600Wで3〜4分、500Wで4〜5分といったところ。ここで完全に火が通らなくても構わないので、神経質にならなくてもいい。加熱し終えたら5分ほど放置して、肉汁が落ち着くのを待つ。冷めたらつくねの表面にごま油を絡ませておく。

その間に照り焼きのタレの材料を作っておこう。といっても、耐熱容器にタレの調味料を合わせて混ぜ、電子レンジの600Wで30秒、500Wで40秒程度加熱するだけでいい。加熱しすぎる量が少なくなるので、その場合は各調味料を少し足そう。

スキレットで焦げ目をつければ完成

ここからようやくスキレットの出番。強火で温めたら、火を弱火に落とす。あとはスキレットで両面に焦げ目がつくようにじっくり焼いていこう。

焼き上がったつくねに先ほどの照り焼きのタレを塗り、卵黄をトッピングすれば完成。お好みで大葉や青ネギ、青のり、山椒、七味唐辛子などをふりかけて食べよう。

電子レンジで加熱した際には「ちょっと火を通しすぎたかも?」と思ったが、いい具合につくねのなかに肉汁が留まっていてかなりジューシー! 玉ねぎの甘みやエリンギのコリコリした食感もいいアクセントになっている。照り焼きのタレと卵黄の相性もバッチリで、ごはんが進む最高の味付けだ。

もちろん、照り焼きつくねはお酒のお伴にもぴったり。主菜にも酒の肴にもなるお手軽メニューをレパートリーのひとつに加えてみては?